1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18136207.jpg

手下怪獣と一言で片付けてしまうことのできない史上最強の刺客「ゼットン」ですが、その圧倒的な強さは衝撃的でした。
さらに劇中でその脅威を演出するために映るのがブラックゼットンです。放映当時は、「もう1体ゼットンがいるのか?」と勘違いしましたが、この黒いゼットンはず~っと頭の中に刷り込まれています。

ゼットンは謎の宇宙人(たぶん、ケムール人です)が、ウルトラマンを倒すために作ったサイボーグ怪獣と言われています。デザインのモチーフはカミキリ虫で、その形状、配色、背中の斑点などそのものです。
縫いぐるみをデザイン・造形的な面から見ると、角はアントラーの大顎の発展形、顔はサイゴ、四肢はレッドキング、甲羅はケムラー、黒いプロテクターはメフィラス星人。そして防御能力はバルタン星人と、まさに強者の合体、良いとこ取りです。

もう1つ!、私的にお気に入りの部分なんですが、手の甲に縦に突起がついています。これもゴメスと同じです。Q最初の怪獣とマン最後の怪獣に共通デザインがありましたね。



最終回の劇中で、1カットだけ、逆光を背に胸と顔の電飾が全部消えたゼットンが映りますが、そのことでしょうか?あれは長い間疑問だったのです。

それのフィギュア化とは、なんとマニアックな。
ゼットンはデザインといい、あの鳴き声といい、その強さといい、私の一番好きな怪獣です。
漫画「ウルトラマンSTORY0-zero-」では、プラズマがクワガタのような昆虫に照射され、ゼットンに変態しますよ。
【2006/06/16 21:41】 URL | 定静 [ 編集]
顔がサイゴというのだけがちょっとイケてないですね(~_~)
僕が唯一持っているのはウエーブのゼットンなのですが
これが微妙にでかい!
ビリケン商会のCタイプウルトラマンと並べてみてもバランスが
なんか変な気が。
でも劇中でゼットンとウルトラマンが絡むシーンってないんですよね。
だからウルトラマンの方がでかいというのはあくまで予測でしか
ないんですが。
ゼットンはわりとチビだ、という固定観念をどうしても僕は昔から
拭い去れません。
【2006/06/16 22:03】 URL | gomora23 [ 編集]
>定静さん
そうです。そのカットのゼットンのことです。
通称ブラックゼットンや黒ゼットンと呼ばれています。
電飾を消した状態は、かなり不気味さが漂いますね。

画像は処理ソフトでいじってあります。紫黒色を掛けただけです。
昔、プライズ品のゼットンをブラックゼットンに塗りなおして
遊んでたのがどこかにあるはずなんですが見つかりません。

>gomora23さん
どうして顔がサイゴに似ちゃったんでしょう(笑)
というか、サイゴがゼットンの顔に似たんですよね。
なんかデザイン変えれなかったんでしょうか。

ウェーブのゼットン若干太めの感がありますが、よく目にする
スチール写真はアオリのパースが多いためで、実際の考証に
よるとほぼパーフェクトなバランスだと思います。

身長はゼットンのほうが20m高いんですが、なぜかそう見え
ないですね(笑)。
【2006/06/17 22:22】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。