1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18182012.jpg

RIC/X-PLUSのヴィラ星人です。原型は高垣利信氏。
ヴィラ星人はクール星人、チブル星人と並ぶ非人間型宇宙人です。操演による劇中の動きも魅力で、作品世界を広げています。この三大エイリアンのファンも多く、セブンアイテムの中にあっては操演ものは他にもポール星人、ナースと立体化される機会も多いです。
デザインのモチーフはウチワエビだそうですが上手く発展させて立体化されています。五角形を二つくっつけたような頭部のシルエットはペスターを連想させてくれて、私的には大好きな宇宙人のひとつです。

18182010.jpg 18182011.jpg

胴体の連結した節(ふし)ですが、このデザインも秀逸で気に入っています。クネクネ動く様は、ナースの蛇腹とはまた違った魅力がありますね。

材質がポリストーン製ということもありますが、このような大きな頭に細く長い胴体ですので、倒れた場合に胴体部分でポキッと折れてしまいそうでとても心配で、飾るときには悩ませます。付属のベースがありますが、これだけでも不安でディスプレイには何か支えるものを考えないといけません。

30cmサイズのものではこれと怪獣無法地帯のキットがありますが、怪獣無法地帯のは胴体を少しひねったようにカーブをつけた動きのあるポーズになっています。資料とした写真が、広角ぎみのレンズで撮影されたものだと思うのですが、頭部がすこし大きくなっているように感じます。また節の数も1つ足りないです。



劇中では、鳥居のオレンジ色とコイツの絶妙な色彩に
感動したのを思い出します。
いまふと思ったんですが、こいつを剥いたら食べれるところ
あるんでしょうか?・?
まあ、あったとしても大味できっと美味しくないんでしょうね
\(◎o◎)/!
【2006/06/06 21:59】 URL | gomora23 [ 編集]
>gomora23さん
どうでしょう?この細い胴体ですから。
カニの足ほど身が入っているでしょうか(笑)
食べたことないんですが、ウチワエビは
伊勢エビよりも味も旨味も濃いらしいです。
【2006/06/06 23:33】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
へぇ~、節の数ですか!?
私は、雰囲気重視ですから、その辺はあまり気にしない方ですが、ハヤタ隊員さんは、流石にチェックが厳しいですね。
それにしても、私の感覚では、この姿は知的宇宙人に見えません。恐らく、多くの方がそう感じるのではないでしょうか?
こういうデザインも、他のウルトラシリーズとセブンが、大きく異なるところでしょうね。
【2006/06/07 20:31】 URL | 190 [ 編集]
>190さん
ビッグサイズのキットの購入基準として、再現性という点ではパーツ形状や数がついつい気になってしまい…、悪い癖です(笑)。

恐怖感漂う演出しだいでは、ヴィラ星人もかなりの策略を持ったエイリアンに見えたかもしれませんね。非人間型宇宙人の中では姿態だけで判断してもチブル星人が知的っぽく見えますね。
【2006/06/08 01:28】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。