1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このゴーガも思い入れのある好きな怪獣のひとつです。たしかこの回が放送されたときがちょうど梅雨時で、これまたタイミングよく学校で「かたつむり」の観察をしているときと重なったもので、もちろん我が班のかたつむりの名前は私の一言でゴーガに決定しました。

ウルトラQ編 第16弾 ゴーガ
172501501.jpg 172501505.jpg

いつ出してくるかと待ちに待ってたゴーガです。
ゴーガは「ガラモンの逆襲」と共にウルトラQ撮影最後の作品で東京のビル街を猛襲するというもので、同じビル街のセットで撮影されています。両怪獣とビル街などを見比べてみるのもおもしろいです。(こんなとこ一生懸命見てるの私だけでしょうか)

ゴーガは場面に合わせて使用するために大(1m)・中(80cm)・小(30cm)の3体が造型されていますが、このX-PLUSのゴーガは大サイズのものを参考に造型したものと思われます。一部ですが中サイズとの合わせ技も見受けられます。また、首に細かいシワが入っていますが妙にのっぺりしているように感じます。

172501504.jpg

大サイズと中サイズの違いは、目の脚部、貝殻部分の突起の大きさや表面モールド、ドリル部の螺旋段数などがあります。過去にガレージキットで立体化されたものは大サイズをモデルにしたものが多いですが、ボークスJrや特捜隊、怪無など15cmサイズのものばかりというのも寂しいです。
やはり人気のない怪獣なんでしょうか。X-PLUSのスタチューのゴーガが唯一30cmサイズですね。この大怪獣シリーズにゴーガがラインナップされてほんとうによかった。



どーも。昨日コメントさせていただいた、定静です。
こんな僕でも受け入れて下すって、うれしい限りです。
僕は名鑑のゴーガをカラー&モノクロと持っていますが、
この2匹が私の持っている名鑑シリーズのシクレ全部でして(苦

あと、前回はURLが間違っていました。スミマセン。
ちゃんとしたのを貼っておきます。
今後ヨロシクです。
【2006/04/10 04:30】 URL | 定静 [ 編集]
僕もこのゴーガは、マイナー系ではゴルゴス、ピーターと並んで
お気に入りの一体です。
本編をいま見直しても、たかがヤドカリ?サザエ?怪獣に
あの大掛かりなセットは今だとあり得んわな~と感心しきりです。。
古きよき時代でしたね。
【2006/04/10 22:21】 URL | gomora23 [ 編集]
>定静さん
こちらこそ、よろしくお願いします。
名鑑のゴーガは持っていません。ゲット出来ず!で終わりました。
殻がクリア素材を使っていて綺麗なんですよね。
HPのほうもゆっくり拝見させていただきますね。

>gomora23さん
ナメゴン、ゴーガと粘膜質系のヌメヌメした怪獣がゆっくり進むのはじわじわと恐怖がましますね。私、ゴーガの隠れファンです(笑)
あのセットだからこそゴーガが映えましたね。カッコイイです。
【2006/04/10 23:44】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/04/11 21:39】 | [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。