1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
172501022.jpg

X-PLUSより再生ドラコがリリース予定ということで、再生ドラコで思い出しましたが、長年気になっていることのひとつで「再生怪獣」について。(ウルトラは気になることがたくさんありますが…)

マン第37話「小さな英雄」にて怪獣酋長ジェロニモンが、過去に倒された60匹以上の怪獣を復活させ、科特隊に復讐するということですが、この「過去に倒された60匹以上の怪獣」とは何でしょう?

第36話以前に登場した怪獣が36(レッドキングは目の違いなどから別個体とし各1、スフランはカウントしない)、怪人が1(ミイラ人間)、宇宙人が5(バルタン星人は初代と2代目は各1、3代目はカウントしない。帰ったメフィラスもカウントする)で合計42匹。ということで18匹は足りません。
ということはQ怪獣もカウントするのでしょうか?(ケムール人やラゴンも繋がっているのか?) いや待て、ジェロニモンは科特隊やウルトラマンに倒された怪獣を復活させると言っていますからQは数えないのでしょう。
もしかして、円盤ごとやられた複数のバルタン星人をカウントするのか!?…。

さてさて、怪獣墓場にはどんな怪獣たちがいたのでしょう?
シーボーズは知っているのか? 気になる。
とにかく地球を、いや日本を救ってくれたピグモンに感謝。


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。