1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンのオープニングタイトルは2タイプあります。放映第1話から12話まで使用されたAタイプと、13話から39話まで使用されたBタイプです。
このタイトルバックには怪獣のシルエットが映り、そのシルエットの中に製作スタッフや出演者の名前が入ります。子供の頃はこの怪獣のシルエットが切り替わるごとに「さあ、始まるぞ」というワクワク感が高まったものでした。
さて、この怪獣シルエットですがかなりアバウトな、というかディフォルメのきいた影絵でして、
いまだに「これは何だろう?」、「どの怪獣だろう?」という長年の疑問があります。
下記Aタイプの「5」と、Bタイプの「6」はあくまで私の推測ですが、どうでしょう?

Aタイプ
1  渦の中から「ウルトラQ」の文字
2  「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」の文字
3  放映タイトル (例えば:科特隊出撃せよ)
4  流星マーク(左向き)
5  パゴスの下半身、しっぽ
6  ネロンガの頭部
7  流星マーク(右向き)
8  ウルトラマン
9  ゴロー (コングに見えますが…)
10 ペギラ
11 飛行ウルトラマン
12 流星マーク(左向き)
13 カネゴン
14 登場怪獣名 (例えば:透明怪獣 ネロンガ登場)

Bタイプ
1  渦の中から「ウルトラQ」の文字
2  「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」の文字
3  放映タイトル (例えば:撃つな!アラシ)
4  カネゴン
5  ゴーガ
6  ガヴァドンB
7  アントラー
8  マグラ
9  ネロンガ
10 ギャンゴ
11 ガラモン
12 バルタン星人
13 ウルトラマン (スペシウム光線)
14 登場怪獣名 (例えば:変身怪獣 ザラガス登場)



あらためてDVDを見直してみました。。
Bタイプは、ハヤタ隊員のご意見と僕も同じです。
僕が今だに?なのはAタイプの9です。
ゴローにしてはちょっとゴツ過ぎるように
思いますし、どちらかというとやはりコングかな
と思うのですが、ここにコングが登場するというのも
なんか変な、場違いなかんじがしますね。
あと5番は、不規則なギザギザ模様からしてネロンガの
尻尾と解釈したいところなのですが、どうでしょう…


【2006/02/19 13:58】 URL | gomora23 [ 編集]
>gomora23さん
Aの5は、おっしゃるように多段状の背びれが不規則なのも気になりますね。
やはりセンターについたヒラヒラと見るのが正解みたいですね。
これでネロンガの尻尾から続けて頭部に切り替わるシルエットになりますね。

Aの9は、似た体形ではギガスがいますが、頭部はどう見ても
猿ですし、これはゴローでしょう。
【2006/02/19 23:21】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。