1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「少年リック」より大怪獣シリーズ新商品ご案内メールが届いておりました。
楽天市場にアップされてる内容と同じで「次はドラコですよ」だそうです。
(次は…って、 ねぇ、Qは?)
こんどのウリは羽根の開閉で、扇子のヒンジのようになっていて、たためるようです。画像を見るかぎり根元部分にかなりの厚みが見受けられます。とにかく可動部もりだくさんの遊べる一匹だそうで、4月発売予定。
今回、「少年リック」で購入すると、撮影でNGとなった右手の「巻尺のような鎖鎌」の差し替えパーツがおまけでつくそうです。ザらスで買うよりお高いですが、この右手差し替えパーツは魅力かと。さらにこのあと「再生ドラコ」もラインナップされてるようで…。(ねぇ、Qは?)
どうしよう…。(いや、ザらスかリックか、じゃなくて、買おうかやめようか、です。)

安友氏のブログでは二代目バルタンの情報も。光波バリアーが附属するとのことです。まあ透明な板なんですが、ブリスターを加工したものです。雰囲気楽しめそうです。
どうしよう…(上に同じ)



ハヤタ隊員様、初めましてー
かなり最初のほうから楽しく拝見させていただいてます。
私、ウルトラマン放映当時4歳でしたgomora23と申します。
Aタイプに対する思い入れはすごく共感できました♪
第1話でのハヤタが特殊潜行艇から半身乗り出してフラッシュビーム
を焚き、ウルトラマンに変身する真っ赤なバックの出現シーンを
DVDで見直すにつけ、いまだに僕は鳥肌がたつのです。。
さて、ドラコですが僕はCCPの奴の方が衝撃度は勝ってました。
大きさといい、羽の出来具合、塗装等なにをとっても今までの
No.1という評価を自分では下しました。
来月末の到着がほんと楽しみです。
これさえあればドラコはもういいやって思うのか思わないのか・・・
って偉そうなことを言いながらエクスプラスのんも買って
しまうんだろうな、きっと(*^_^*)
これからも楽しい記事を楽しみにしております!!
【2006/02/01 01:18】 URL | gomora23 [ 編集]
>gomora23さま、はじめまして。
読み返せば、つまらないことばかり書き続けていますがよろしくお願いします。

大怪獣シリーズはマン編に入ってからは、私的にかなりトーンダウンしてきています。Q編の惰性で買い続けているようなものでして。さらに価格もハードルが高くなってきました。
これは可動路線で進めていくようですので「これはおもしろいな」と思ったものだけ買おうかなと思っています。完全にトーイという視点で見たほうがいいですね。
ドラコはおっしゃるようにCCPのほうが造形的には上ですね。リアル造形のガレージキットをソフビ化したものですから完成度も期待できます。今後ガボラやケムラーと続くようですので楽しみです。
【2006/02/01 23:27】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。