1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
360211.jpg
飛んできました。この雪の中を。
サロメ星人の造ったニセ・ウルトラセブンです。

360212.jpg 360213.jpg
このポーズはまさに地下ドックで建造中のニセ・セブンですね。膝のプロテクターの左右の高さのずれかたもスチールそのものです。もう少し、気持ち太ももにボリュームがほしいところです。
実物のスーツは劣化の細かいシワやひび割れが目立つのですが、そこはほどよくアレンジしてあり、汚さを抑えた造型になっています。やはり気になるのは、塗装が全体的にマット過ぎるのが不満です。アイ・スラッガーも外せたらよかったんですが…。

360209.jpg
ニセものめ! まあ、こうやって並べるのはいいのですが…

360210.jpg
これじゃ、ニセものが有利でしょ? 勝てるのか?
サロメ星人はたしか同サイズに造ったはず。

そういえばウルトラマンにロボット型キャラがいませんね。このニセ・セブンの他にもウィンダム、キングジョー、ユートム、クレージーゴン、ナース、第四惑星ロボット長官…。けっこういます。



予約したつもりでいたのに、届いていない・・・
ということは、しなかったってことですかね(ーー;)

やっぱりよく出来ていますね。
塗装はハヤタ隊員さんがおっしゃるように光沢があったほうがいいですね。
マん、セブンともに言えます。
【2012/01/31 12:23】 URL | gomora16610 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。