1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
360205.jpg
ウルトラQ編 第30弾 異次元列車

購入してからというもの押入れに保管したままアップが遅くなりました。
さてと、Q編のファイナルとしてリリースされたのは、まさかの登場「異次元列車」です。思い起こせば8年前の暮れにトイザらスでブリスターパックに入ったガラモンを見つけて狂喜したときには、このあと全話リリースされるとは誰が想像したでしょう。
それも怪獣の出ないエピソード「1/8計画」、「変身」、「悪魔ッ子」そして「あけてくれ!」までフォローするという快挙。今後どこからも全28作品をすべて立体化するメーカーは無いでしょう。エクスプラスさんご苦労様でした。

まず、この「あけてくれ!」ですが、昭和41年の本放送時には怪獣が登場しない「現実逃避」をテーマにしたサスペンス・ホラー的な要素を持った作品で、視聴者の大半を占める子供たちには難解すぎるのではと懸念され放送が見送られ、「ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生」に差し替え放送されたので存在しませんでした。

書籍・映像等の媒体ではQ作品の最後の第28話として紹介されていますが、テレビ再放送時に第24話として放送されました。(ゴーガ・リリー・ピーター・トドラの話数が1話ずれることになります) 私自身、「あけてくれ」を初めて観たのは二十歳を過ぎてからでした。

360206.jpg
私的にはこのエピソードを表現するには理想としていた造形になっていて大満足です。手前に広がる海、異次元都市の建物、その上空を飛ぶ列車や車と、スチール写真を切り取ったかのように空間構成も上手くまとめられてあります。付属のボードをバックにして飾ればいやがおうにもストーリーが頭に浮かんできます。

これで全話Qのエピソードが揃ったわけですが、じつは第13話の「ガラダマ」が立体化されていません。これも静かに気長に待とうと思います。



異次元列車はカラー版を購入されたんですね。
改めて見ても構図的にもなかなかのものですね。

私、これとボスタングだけが欠落しています・・・
たしか、ボスタングのときに価格が急激に上がった記憶があります。
考えた末に見送ったものの、その後のリリーや巨人、1/8由利ちゃんは購入。

いまから買おうと思っても後の祭りで、ちょっと後悔しています。

余談ですが、ゲスラが一向に発売される気配がないですね。
【2012/01/23 10:22】 URL | gomora16610 [ 編集]
>gomora16610さん
ボスタングのときに「諸般の事情」で大台に乗っちゃいましたね、ビックリしました。我が目を疑いましたが、乗りかかった船で(もう泥船)、付き合うしかないかと(泣く泣く)、買っちゃいましたけど(笑)。

けっきょくボスタング・リリー・由利ちゃん・浩二さん・列車をカラー版での購入になってしまいました。これらも全部モノクロ版で揃えたかったのですがモノクロ版はワンフェス限定販売になってしまって…残念。

マン編もリーチがかかってから長いですね。リボーンが続いていますが、もうそろそろゲスラをお願いしたいところです。やっぱりトゲの処理なんでしょうか?
【2012/01/23 23:01】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
インフルエンザにかかり寝込んでいました。熱がなかなか下がりませんでした。皆様もおからだご自愛ください。
Q編も一応コンプリートということですね。私もボスタングは悩みに悩んで購入しました。『超・超・超限定版』ではないでしょうか?
【2012/01/29 14:48】 URL | hisa [ 編集]
>hisaさん
おだいじにしてください。空気が乾燥しているいるようで、一気に広まっているようですね。こちらは湿気も多く雪が重いです。
うちの会社でも、お子様経由でインフルエンザが広まっています。ここ二週間はずっと予防でマスクをしております。

振り返れば、ボスタングがターニングポイントでしたね(笑)。
発売が危うい状況でした。なんとかここを通過したことでコンプリ出来たんじゃないでしょうか。
【2012/01/29 21:07】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。