1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナメゴンはウルトラQの初期企画である「UNBALANCE」の脚本でも初の怪獣で、ウルトラシリーズの記念すべき第1号怪獣になります。また、東宝のキングギドラよりも先に発案された初の宇宙怪獣です。
個人的には、ウルトラQ放映以前ですが少年誌で宇宙人の特集などで載っていた火星人のイラスト(タコ状の三角頭に四本足)がとても印象強く、火星怪獣という響きには多いに想像を掻きたてられました。ナメクジがモチーフの怪獣ですが、この飛び出た目がカネゴンといいセブンのガンダーといいとても愛着が湧きます。
このナメゴンの回の放送は本当に怖かったです。今、DVDで観返してみても当時の記憶が蘇ります。あの2匹目が殻を破って現れるシーンあたりは本当に怖かったです。

172500401.jpg

ウルトラQ編 第7弾 ナメゴン
ナメゴン特有のヌメヌメした体表も塗装で上手く表現してあり、首から横腹にかけての斑点もきれいに塗られていて気に入ってます。
伸びた目玉の足部分のカーブ、口の周り上下に生えているヒゲ状のもの(形状と本数)、首から背中にかけて覆われるコブ状の隆起(大きさと位置)などもスチール写真どうり正確にコピーされています。過去にリリースされたナメゴンの中でもなかなかこの3つが揃っている造型は少ないです。ソフビ製とはいえこのナメゴン侮れません、パーフェクトに近いです。
底(腹)部分にもリアルなモールドが入っていますが(ビリケンのキットでは蓋になっておりモールドなし)、実物では歩行動力はモスラ幼虫のものを流用していますからこのモールドはオリジナルでしょうか。お見事!


















管理者にだけ表示を許可する



 今日は、「ウルトラQ」第3話「宇宙からの贈り物」で登場するナメゴンです{/face_en/}  この回の有名な台詞といえば、一の谷博士が夜7時台の子供番組で言い放った            「金色の玉が二つ!?」でしょう{/face_ase2/} 記事のタイトルにするかどうか 日子のさらさら日記【2005/12/19 23:54】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。