1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
360079.jpg

中島さんの「怪獣人生」が届きました。とりあえず東宝怪獣と円谷怪獣に関するページはいっきに読破いたしました!(笑)

先日は予告ということで、まだ読んでもいませんし、価格もけっこういいお値段だったこともあり、ご紹介ということで南米のコピペを貼りましたが、なんと!、期待を超える内容に感激しております。

あらためましてこれはお薦めの一冊です! 中島氏のスーツアクターとしての試行錯誤の御苦労や、円谷監督との固い信頼関係など、内容は興味の尽きないことばかりですごくおもしろかったです。まだ未見の写真もたくさんあって大満足でした。写真のほうは新発見がないかさらに舐めるようにチェックしてみます(笑)。

老眼の進む身としましては、たいへん読みやすい活字の使い方で助かりました。



「いっきに読破」という文言から、その面白さ・充実さがよく伝わります。私も時間が取れ次第、早速本屋へ走ろうかと思います。
【2010/07/18 16:01】 URL | ラァーヴ [ 編集]
私も三分の一ほど読み進みましたが、当時の撮影現場の雰囲気がよく伝わってきてとてもおもしろいですね。中島さんご自身のアルバムからも多く写真が掲載されているのではないでしょうか?未公開写真もたくさんあって興味が尽きません。
【2010/07/18 19:27】 URL | hisa [ 編集]
私はアマゾンから発送完了のメールを今日20時ころ
受け取りましたので、明日到着予定です。
ハヤタ隊員さんの嬉しそうなご感想を拝読し、
今から到着が楽しみです(^.^)
【2010/07/18 23:19】 URL | gomora23 [ 編集]
>ラァーヴさん
これまで読んだゴジラのムック本や写真集の中で使われた、よく見る中島さんの写真などは、文章として解説されていて心情などもよく伝わり引き込まれてしまいます(笑)。


>hisaさん
写真は「背景に何か写っていないか?」と目を皿のようにしてチェックしています(笑)。新発見があればおもしろいのですが…。


>gomora23さん
文章にも、あの人懐っこい笑顔があらわすように中島さんのお人柄がよくあらわれています。これ、昭和ゴジラの貴重な資料本と言えます。
【2010/07/19 00:40】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。