1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今さらながらの「初代ウルトラマン考」です。備忘録ついでにひとつ。
以前にも書きましたが私は初代ウルトラマンはAタイプがいちばん好きです。もちろんBタイプもCタイプも好きですが、なかでもAタイプスーツの「誇張されていない胸筋」と「口元に笑みをたたえたアルカイックスマイル」にシビレてます。光線ポーズや構えてなくても、自然体でたたずむだけでもたまらなくカッコイイわけでして、もう…。

ウルトラマンは遥か遠い未来の高度な文明をもつ星から来たとされ、その設定に合わせ多種多様なデザインや造型が検討されました。「科学特捜隊ベムラー」という企画案ではカラス天狗のような正義の宇宙怪獣であったり、次案では頬からアゴへとひげを蓄え 甲冑を着たような宇宙怪人「レッドマン」に変更されたり、さらにはテレビ局側の意向でメタリックなヒーローへと変貌するわけです。そこでついに成田氏は無駄をそぎ落とした初代ウルトラマンの基本形をデザインしました。

360072.jpg

初代ウルトラマンのA、B、Cとタイプ分け呼称される3種類のスーツは、エピソードによって作り替えられたのではなく、激しいアクションによるスーツの傷みにより都度リニューアルされた際に少しづつ様変わりしたものです。
ただ初代ウルトラマンといえば、3種ある中でもいちばん登場話数の少ないCタイプマスクがその代名詞となっています。これは後のアトラクションなどでも使われ、「帰りマン」以降でも継承されたので、Cタイプを初代の代名詞とするのが一般的になったのでしょう。このとき登場したゾフィもCタイプベースです。

うちの嫁も「ウルトラマン」イコール「Cタイプ」と刷り込まれているようで、昔初めてビリケンのAタイプのフィギュアを見せたとき、つり上がった目とゆがんだ顔を指摘しながら、「悪のウルトラマンがいたのか!」と、今でも敵キャラと思い込んでおります。




私が好きなのはBタイプです。
原体験でしょうか?
当時幼稚園児だった私は「ウルトラマンの顔がキレイになった!」
とえらく感動したのを覚えています。
エッジの効いたシャープな顔が堪りません(^^)
その次に「初代の初代」という畏敬の念を込めてAタイプです。

成田さん、佐々木さん、古谷さんがいなければ
私の人生もつまらないものになっていたことでしょう。

感謝です。
【2010/06/24 14:33】 URL | gomora23 [ 編集]
『帰りマン世代』ですが、3タイプの中では私もBタイプが好きですv-7。FRPマスクということでCタイプと比較することになりますが、口も小さく端正なマスク、均整のとれたプロポーション、つま先がそり上がり尖ったブーツ、などなどいちばん宇宙人らしくて良いと思います。
【2010/06/24 20:07】 URL | hisa [ 編集]
>gomora23さん、hisaさん
コメントから思い入れがよく伝わってまいります。Bタイプのスーツはマッチョにならない程度の肉付けで実に美しいです。横顔は鼻筋から口元のラインが鳥をも連想させるシャープさ、耳の斜めの角度がといい、シンプルな構成であって歴代ベストのマスクだと思います。Bタイプのファンが多いのも納得です!

私のランク付けでは、「A、B、にせ、C」の順位です(笑)。あえて「にせマン」を割り込ませてますぅ。m(_ _)m このマスクがまたいいんですわ~。
【2010/06/24 22:38】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
私もAタイプが一番好きです。
私のヒーローのイメージは『強さ=厳しさ』なので、私のイメージにはAタイプが最も合います。
最近のウルトラシリーズは、製作者側が『強さ=やさしさ』というイメージを作ろうとしているようで、私的には×です。
【2010/07/04 08:50】 URL | 190 [ 編集]
>190さん
やはり古谷氏の功績は大きかったですね。そのプロポーションはもちろんのこと演技も素晴らしいと思います。この人のキャスティングは大正解でした。
この後いくつものウルトラマンが登場しましたが、私のなかでは初代のAタイプが常にトップです。戦い後のふっと見せる寂しげな表情、スゥ~っと力を抜いた佇まいはとくにこのAタイプの魅力です。厳しさと優しさを持ち合わせています。
【2010/07/04 21:22】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。