1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
360060.jpg

多々良島の友好珍獣ピグモンの登場です。松井所員に食物などを運び世話をしたり、居場所を教えるためにアラシたちを誘導したりと、けなげな行動に心惹かれる憂いヤツです。あのベムラー発売時、パッケージにピグモンの写真を見つけ、ラインナップされていることを信じて待つこと5年! 長かったなぁ~、と

少年リック限定版にはスフランがオマケに付くということで迷わずこちらを購入しました。多々良島の雰囲気バッチリで大満足です。私的に怪奇植物スフランは怪獣という認識はありませんが、このオマケは「喉から手」の嬉しい一体です。

ご承知のようにピグモンはガラモンの縫いぐるみの流用です。当初、ガラモンを演じた高橋実氏がつづけてピグモンに入る予定でしたが、病気のため小学6年生で劇団子役の藤田修治君が代役となりました。ところが藤田君の身長が高かったため、縫いぐるみの襟と首、足の付け根部分が延長されプロポーションは変貌しました。

360066.jpg360067.jpg360068.jpg

ガラモン製作から丸一年、Qの二作品を終え、ウレタン製のトゲは経年劣化による型崩れや、催事会場においての損傷欠落などで著しく減少したため、高山氏の手により新たに追加されましたが、追加補修時の塗装がきれいに回りきっておらず、古いトゲとの色の差がでてしまいました。
首や足が延長されたことにより間延びした感がありますが、それが充分キャラクターとして反映されているようにも思います。チャンドラーといっしょにQの看板怪獣2体の登場に歓喜しました。

360069.jpg 360061.jpg

鼻のまわりを中心に汚し塗装が濃くなってしまったのが残念ですが、全体的な塗装は満足のレベルです。トゲも私的に好みの形状ですし、左右のかかとや足首の潰れ方など造型は細かい部分までフォローされています。やっぱりピグモンには風船付けとかないと!ですよね。



ほんと待ちに待ったピグモンでしたね。
一時は本当にリリースされるのだろうか、
と心配になりましたが。
私もこれは満足のいくレベルです。
自立しないのが難儀ですが。。

リックさん、マグマ大使シリーズもいいけど
ゲスラやウーも忘れずに頼みますっ!
しかし、このゴア様よくできてますね・・
http://www.ric-toy.ne.jp/seisaku/seisaku_goa.html
【2010/05/30 10:28】 URL | gomora23 [ 編集]
僕もピグモンは大満足でパソコンの横に置いて
いつも眺めてます(^v^)
gomora23さんもおっしゃってますが僕のも
スフランの台座に乗せてもすぐ倒れてしまうの
ですがハヤタ隊員さんのはうまく立ってますね?
なにか裏技とかあるのでしょうか?
昨日ケムラーとダンカンが届きましたよ~(^0^)/~
【2010/05/30 12:50】 URL | ワンダバ [ 編集]
>gomora23さん
可動タイプがリリースされはじめたときは、もうだめかと諦めていましたから、リアル造型のピグモンがリリースされて、ほんとうに嬉しいです。で、まさか「小さな英雄」版も出たりしないでしょうね!?
このゴア、すごい!ほんとに似てますね~。


>ワンダバさん
裏技なんてないですよ~。ピグモンを台座に置いて、安定して立つ場所を探していたら、この位置で立っただけです(笑)。スフランに変なクセがついていて、ツルの先がピグモンに当たるのでドライヤーで矯正しました。
私、今回はケムラーとダンカンはパスしてキャスト版のBタイプを買いました。
【2010/05/31 00:02】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。