1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
360032.jpg

出張中に届いておりました。古谷敏氏の著書「ウルトラマンになった男」です。
一気に半分ほど読みました。過去に何冊かウルトラシリーズ出演者の著書を読みましたが、そのほとんどが撮影秘話的な思い出話だったり、隊員の座談会だったりというのが多かったですが、この本は古谷氏の「マスクの中からの証言」というような心境が語られており、非常に興味深く読んでいます。
初見のスチール写真やプライベート写真なども多く、お薦めの一冊です。
フジ隊員の著書も読み返していますが、撮影所でのそれぞれの思いや、仲間たちの支えなど、現場の空気が見えてくるようで、充分タイムスリップして「あのころ」に浸れます。



古谷さんの本、クリスマスに届きました~
僕もまだ読みはじめたばかりですが
古谷さんの心境が前面にでた内容で
惹きこまれますね。おもしろいです(^_^)
【2010/01/03 12:20】 URL | ワンダバ [ 編集]
古谷氏はウルトラマンのスーツより、隊員服に憧れていたんですね。私はマスクから頭を出した休憩中の写真の古谷氏に憧れてました(笑)。
【2010/01/04 23:16】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。