1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
172500302.jpg

まちがいなくウルトラQ怪獣の中でも一番の知名度を誇るのがカネゴンではないでしょうか。
怪獣に興味のない人でもこの名前と容姿(とくに頭部は)は、一度は見たり聞いたりした事があり思いつくのではないでしょうか。(ウルトラマンでいえばバルタン星人みたいなもの)
この一度見たら忘れないといえるほどの特徴的なかわいい造型と等身大でコミカルな動きによるファンタジー色ゆたかな作品内容でとても人気のある怪獣です。
カネゴンの縫いぐるみは頭部が「がまぐち」で、口にはジッパーがついており左右に開閉用の持ち手があります。横から見たシルエットは「妊婦」で、しっぽの先には矢じりのようなものがついており、全体のイメージは「巻き貝」になっています。

172500301.jpg

ウルトラQ編 第6弾 カネゴン
リアルソフビでは過去に30センチサイズでウェーブ、ビリケン、メディコムからリリースされています。これらと比較するわけにもいきませんが、気になった部分をひとつ、ふたつ。
両足開いた立ちポーズで造型されることが多いなか、歩行ポーズはいい選択だと思いますが、ちょっと足が太くて短いです。腕もひじから下が長すぎるのが気になりますし、下半身も重く感じます。もうすこしスマートでもよかったのではと。頭部が良く出来ている(下あごが前に出すぎですが)だけに非常に残念です。
また、縫いぐるみのシワの表現も手の込んだモールドをしてある部分もあれば、かなりアバウトなモールド入れもあります。これと相まってモノクロ塗装の場合ですが、これまでのものよりトーンも濃くなり何かシャキッとしません。
ところで、胸のレジスターが1円なのはなぜ? これ、手書きっぽいですね。


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。