1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
260266.jpg

ついにデビューとなりましたHG進化系の到達点、デジタルグレード「ウルトラマン1」です。雑誌やネットでの写真を見て楽しみにしていました。
ネットショップで買う気はまったくなかったので、ベンダー機を見つけたらガンガン回したくてウズウズしてました(笑)。結果、8回まわして5種揃ったので打ち止めしました。久しぶりに回して満足です!

260269.jpg

当然、過去のHGと比較して見てしまうわけですが、どれも造型的には目を見張るほどのレベルアップで、細部にわたるモールド等、完成度も高く、どのアイテムも劇中のシチュエーションを再現したそのシーンが見えてくるような臨場感があり、、そのクオリティーの高さに驚くことばかりです。
とくにバルタン星人は全体的なバランスも良く、スカートの完成度とリアビューの美しさはベストだと思いますし、ベムラーはどの角度から見てもフォルムは素晴らしく、脇腹のモールドも完璧です。このサイズでは文句のつけようがないほどの出来栄えで、今後続くラインナップに多いに期待させてくれます。

260270.jpg

どれもHGよりやや小さいスケールですが、コレクションするにあたり、とにかくヒーローに合わせ怪獣もスケール統一したシリーズにしてもらいたいですね。(ペスターが小さかったり、ヒドラが大きかったりということの無いように)

ただひとつ酷評してしまいますが、残念だったのがレッドキングです。
今回のラインナップの中でいちばん楽しみにしていたのですが、なぜか尻尾が大きすぎます。そのためか各パートまでが比率が違って見えてしまいます。 サイド、後ろからのショットはあきらかに違和感を感じます。頭部が「激似」なだけに非常に残念です。二代目で修正されていることを期待します。

260267.jpg 260268.jpg



10回まわしてゾフィーがダブりまくりの5個です(*0*;;;
肝心のマンが出なくて今日再チャレンジですぅ~。
しかし300円はキツイですね。抑制!抑制!と。
ベムラーの腹のたるみや細かいウロコ
バルタン星人は塗装も凝っていて
まさにハイグレードな感じです!
【2009/10/03 09:59】 URL | ワンダバ [ 編集]
>ワンダバさん
バルタン星人のダブりはまだ我慢できますが、ゾフィは痛いですね。これまで1000円で5回まわせたのが、3回しかまわせない現実を痛感しました。あっというまに3枚両替機に…。

ベムラーのウロコは何個かは反り返っているものもあって、チクチク指に当たります。この造型レベルを保っていってくれればいいんですが。
【2009/10/04 00:22】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
レッドキングの足の先についてるチョボは
ツメだったんですか?気づかなかったですぅ
190さんの掲示板で書いてたレッドキングの
足のツメのことくわしくおしえてください(^_^;;;
【2009/10/08 12:55】 URL | ワンダバ [ 編集]
レッドキングの足のツメは付け忘れとか、撮影中に取れてしまったとか聞いたことがありますが、詳しいことを御存知でしたら教えてください。すごく興味があります。
【2009/10/08 20:34】 URL | hisa [ 編集]
>ワンダバさん、hisaさん
レッドキングの爪については次に記事を書きます。
少々お待ちを。
【2009/10/08 22:48】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。