1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫁曰く、一昨年の年末に届いていた荷物です。
30cmガラモンのときもコロっと忘れていましたが、今頃になって嫁に「パソコン用の椅子でも買ったの?、だいぶ前に大きい箱が届いてたけど…」と言われ、物置に行くと、奥の方に置いてある石油ストーブや温風ヒーターなんかの段ボール箱の横に、同じくらいの大きさの段ボール箱がありました。
なんで去年、ストーブ出す時に気づかなかったんだろう。

「なんでもかんでも奥に押し込んで…」とブツブツつぶやきながら取り出します。
「う~ん、何じゃろ」と開封すると、中からこれまた大きな化粧箱が…。

「おおぉぉぉ~!、ガイラァァァ~ッ!」 腰が抜けました。
260263.jpg

久しぶりに買ったビッグサイズのこのガイラは、1/48で50cmサイズです。ガラモンが小さく見えます。いつものテーブルでは撮影できないので廊下で失礼します。これもガラモン同様に変形防止対策としてキャストが入っており、ずっしり重いです。
ソフビ成型でモールドは少し甘くなっておりますが、体表の折り重なる大きなウロコと藻のような毛といい、ポーズも重い咆哮を吐きながら腕を大きく広げているようで迫力満点です。顔の造型も資料に忠実で恐怖感を与える申し分ない出来です。原型製作はリンクさせていただいております『秘密基地』の「じりさん」こと川尻徹氏です。

260261.jpg 260262.jpg

そして何よりもこの緑鬼の顔は私的にトラウマであります。人を喰う怪獣は衝撃的でした。フラッシュバックしてちびりそうになりました。「あぁ~、怖っ」



アオシマのガイラですね。前にF王で見ました。
50センチサイズとは迫力ありますねぇ。(*0*)/
すごいオーラ発してますよ。腰が抜けるのもわかります。
これサンダのほうは出てないのですか?
おっと(?o?)r もしやメーサー車もゲットされましたか?
【2009/09/16 11:28】 URL | ワンダバ [ 編集]
いつも楽しく拝見しています♪末永く続けて下さいね*
【2009/09/16 23:16】 URL | [ 編集]
>ワンダバさん
私、今でも地下道の階段上っているときに、上にガイラがいるんじゃないかと思ってビビります(爆)。

メーサー車も買ってますよ。ガイラ見つけたあとに、あわてて探しました(笑)。このメーサー車繋がりでガイラがリリースされていますから、サンダは残念ながら出ないでしょうね。対で居ないとさびしいです。


>?さん(ぜひ、お名前を)
時々更新のつまらないブログですが、見ていただいてありがとうございます。大怪獣シリーズQ編の補完計画達成を目標に、ネタが続くかぎり頑張ります(笑)。またよろしくお願いします。

【2009/09/16 23:45】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
師匠、このガイラは迫力満点ですねぇ…(^^)メーサー車は2種類あったような気がするのですが?…赤影、私もよく見てました。根来編に登場するガバリ(大蟻怪獣)が好きでした。(笑)リックが、石像とカエルと甲虫を出しただけで「コケた」のが私的に少し残念でした。(_ _)
【2009/09/18 10:09】 URL | クク [ 編集]
>ククさん
アオシマのメーサー車は66式と70式が発売されています。このガイラ、PL法の制約も多いに影響しているのか、成型が少し甘くて残念です。ウロコはエッジの利いた起きたウロコが何枚かほしいところです。造型が素晴らしいだけにちょっと残念なところです。

そういえば、「東映特撮シリーズ」も出てましたね。赤影、ジャイアント・ロボ、キャプテン・ウルトラと何体かありました。赤影編も復活して欲しいですね。魅力的な怪獣がたくさんいますから。私今になって急に千年蟇や金目像が欲しくなりました(笑)。
【2009/09/18 22:29】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。