1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
260197.jpg 260198.jpg

仕事のほうは、まったくもって「ヒマ」なんですが、今だ勉強会でバタバタしております。先週からやっとゆっくりできるようになりましたので、前々から行きたかった永井豪記念館に行ってきました。

こじんまりしてるように見える建物は意外に奥行きがありまして、以前は信用金庫だった建物を改築したとのことです。正面玄関を入りますと、いきなり2mのマジンガーZがロケットパ~~ンチ!でお出迎えしてくれます。(館内撮影禁止で、その雄姿をご紹介できないのが非常に残念です)

奥の部屋へと進みますと、真っ暗なギャラリーになっておりまして、デビルマンヘッドやフィギュアの数々が展示されています。(ボークスのガレージキット完成品です)

そのさらに奥の部屋には原画の展示コーナーがありまして、壁にはオリジナルの原稿の数々がたくさん展示されています。実はここがいちばん見たかったところでして、永井豪ファンにはたまらない空間になっています。ホワイトで修正した跡や、印刷時の指示など執筆時の奮闘ぶりが生々しく伝わってくる原稿はには釘づけになりました。
でも、この素晴らしい原稿を、「押しピン」で止めてあるのにはちょっとビックリ…。こんなんでいいのか?

http://www.go-wonderland.jp/

能登半島へ観光されるときには、ぜひお立ち寄りください。お勧めです!<



ここは最近オープンしたんですよね。
永井豪先生の生原稿は見てみたいですぅ!
高速道路が安く利用できるあいだに
行ってみようと思っています(^0^)/
【2009/06/15 11:27】 URL | ワンダバ [ 編集]
>ワンダバさん
オープンして1ヶ月半くらいです。
北陸自動車道はオッケーですが、能登有料道路は県道ですのでETC¥1000の恩恵はナシですからご了承を!(笑)。
【2009/06/15 22:49】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。