1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラQとウルトラマンの怪獣を4つのグループに分けてみます。
私なりの分類ですが(人それぞれ好みの分かれるところでしょうが)、仮に1~4としますと、

まず「1」は、リクエストをとればまちがいなくベストテンに入るであろう人気怪獣。
ガラモン、カネゴン、ペギラ、バルタン星人、レッドキング、ゴモラ、ゼットン、…などなど。これらは、怪獣フィギュア(チープトイを含む)で立体化されることの多い怪獣で売れ筋商品です。ご多分にもれず来年早々に出る「怪獣標本」もこの中の2体がリリースされます。

次に「2」は、「1」につづく「人気怪獣第二集団」で、お気に入りの主張がおありでしょうが、パゴス、ケムール人、ネロンガ、ジラース、ザラガス、テレスドン、ドラコ、…などなど。

そして「3」は、マイナーと呼ばれる怪獣で、根強いファンもおられるでしょうが、
ケロニア、ガマクジラ、スカイドン、ウー、ヒドラ、…などなど。Qにもいっぱいいます。

最後に「4」が、マニアックな部門で、メーカーも大量生産出来ないエリア。
ピグモン、ミイラ人間、二代目ケムール人、ゼットン星人、…などなど。
オマケで片付けられることが多いですが、魅力を感じるグループです。

18181816.jpg

と、ここまで前置きが長くなりましたが、
個人的には、1グループの怪獣たちのリリースには正直「もう、おなかいっぱい」感なところがありまして、たとえば「怪獣標本」のレッドキングやゼットンにしても定番のおきまりポーズだったりで、造形や塗装で惹かれるところも無くがっかりです。商品説明で謳っているほどの出来ではないように思います。ハードルの高いグループの怪獣には後発ではそれなりにインパクトが必要かと。

それよりものなかなか立体化される機会が少ない怪獣たち、「リアル路線」で3や4のグループの怪獣たちがたくさんリリースされることを望みます。サイズはどうあれピグモンと再生ピグモン、メフィラス星人の配下、など欲しいなぁ…と。



僕はヒドラがほしいです。
RICさんヒドラどうなったでしょう?おねがいします。

5年くらい前につくったビリケンのウルトラマンの
足くびの塗装がはげてヌルヌルしていたので
おかしいなぁと思って調べていたら"なんと!"
下半身にヘタリ防止とオモリを兼ねて入れていた
乾電池が液漏れしていました。ヘコみますわ~(_ _;
【2008/11/13 18:45】 URL | ワンダバ [ 編集]
>ワンダバさん
ヒドラは以前に発売予定商品一覧にアナウンスされていましたよね。あれどうなったんでしょう?、消えましたね。
ぜひとも復活を期待します。ヒドラのついでにギガスもリメイクして出してほしいです。

オモリに使用した乾電池は、アルカリ乾電池でしょうか? マンガン乾電池のほうが液漏れの可能性が低いです。
乾電池などの詰め物よりも、へたり防止には工作用の石膏をお勧めします。割りばしを適当な長さに切って軸にし、水で溶かした石膏に、木工用ボンド(白いやつ)を2割ほど混ぜて流し込めば強度も増します。キャストよりも安くつきますし、少量でしたらお手軽です。
【2008/11/13 22:42】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
RIC大怪獣シリーズウルトラマン編の初期ブリスターケース
に写真が載ってた怪獣のなかで、未リリースはたしかもうピグモンだけですよね。
これは出してもらわないと困ります。
私的には「3」グループのドドンゴが現れました。
http://www.ric-toy.ne.jp/blog/
なかなかいい感じです。
大きさ2倍、価格も2倍なんでしょうか・・・

【2008/11/14 11:21】 URL | gomora23 [ 編集]
>ハヤタ隊員さま
そうです。アルカリ乾電池です。
アルカリ乾電池は放電後は液漏れしやすいのでしょうか?
知りませんでした(_ _;
石膏試してみます。またご教授おねがいします。

おお~~!ドドンゴいいですねぇ~!
やっぱり期待を裏切りませんでしたね。かっこいいです!
【2008/11/14 18:50】 URL | ワンダバ [ 編集]
>gomora23さん
ついにベールを脱ぎましたね。いい感じです、美しい!
これ、ぜったいにオマケはミイラ人間にしてほしいです。おっしゃるように価格が心配ですが(笑)。

順番で行くと「メフィラス・チブル・ギエロン」の次に、「ツインテール・グドン」と一緒にリリースになると思いますから、これは待ち遠しいですね。「食品衛生検査実施に伴う…」のおかげ(笑)で発送も遅れ、ゆったりペースになって私的には助かっています。ゆっくり待ちましょう!


>ワンダバさん
アルカリ乾電池は、放電後は電池内部に生成された水分がパッケージを腐食して液漏れを起こす可能性が非常に大きい種類です。逆にマンガン乾電池は、放電後は乾いた状態になるので液漏れの可能性が低いです。
オモリに使うならマンガン乾電池のほうがいいというだけで、個人的にはオモリには両方ともお薦めしません(笑)。

石膏は紙コップなどで、少しづつ作って調整してみてください。なるべく残って捨てる分を少なくするためにです。けっして残った分を排水口に流さないでください!詰まりますよ(笑)。また個メルします。

ドドンゴ、いっときますか!
【2008/11/14 23:23】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。