1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前よりホビー誌などで紹介されておりました、東京タワーの模型がいよいよ発売されます。模型と言おうか塗装済み完成品なんですが、詳しくはこちらに。

http://www.segatoys.co.jp/tokyotower/

画像を見るかぎりかなり完成度も高いようで、購入を考えています。
1/500スケールということで、実物の高さが333mですから666mmとなります。
約67cmということは、横に30cmガラモンを置いて、いい感じになるんでしょうか?
展望台のあたりにガラモンの目線が合う感じになるんでしょうか。欲しい。

5010203.jpg




66cm東京タワーに30cmガラモン、
ぴったりマッチしそうですね!
短い手でタワーの真ん中あたりをつかませて、
ゆさゆさしているシーンを再現したい!

あるいは、上半分持ったまま、
仰向けに倒れて足をバタバタやってるところ
というのもおもしろそう。

ガラモンに東京タワー、
ケムール人に観覧車、
巨人に火の見櫓、
もうこれはコーヒーにスジャータみたいなもんです。

ライト・アップしなくていいので、
もう少し安くなりませんかね。

【2007/06/07 23:17】 URL | ふみ [ 編集]
>ふみさん
東京タワーといえばメカニコングも思い出されますが、このサイズに合ったフィギュアがあれば乗っけて楽しむこともできますね。

カタログには「外観や塗装は2007年現在のものを忠実に再現」とありますから、昭和の雰囲気は感じとれないかもしれませんが、横にいっしょに並べて飾るにはガラモンがいちばんお似合いかなと思います。

ショップによっては2割引きなどで予約をとっているところもあるようですが、もう少しお安くなるとうれしいんですが。
【2007/06/08 01:17】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
中学までは東京住いで、皇居のお堀の傍らをチャリンコで走り回っておりました。東京タワー近辺も縄張りで、アイスキャンデー片手に下から眺めつつ、モスラの繭の大きさを想像して友達と盛り上がっていました。
成長して小遣いで展望台まで上がれるようになると、下を見て
ここから落ちたらメカニコングでも壊れると妙な納得をしていました。考えてみると何か事あるごとに怪獣に照らし合わせてたんですね。いまでもあまり変わりませんが(笑)。
【2007/06/09 00:00】 URL | mothgodgi [ 編集]
>mothgodgi さん
私は東京タワーの思い出といえば、中学の時の修学旅行ですね。
後にも先にも展望台に上がったのはこのときだけです。社会人になってからは出張で東京へ行くたびに、東京タワーを見るたびに修学旅行のことを思い出します。やっぱり刷り込まれてますねぇ(笑)。

なんといっても、キングコングとメカニコングが登って暴れても、壊れないのが凄いですよね~。びくともしなかった!
【2007/06/09 01:16】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
すいません、次の話題になりますが、
「RIC 10年目突入記念特別販売」
ハヤタさん、どう思いますか?

私は、マン怪獣は持っていないし、
(興味はあるけどきりがないと思って買っていませんでした)
ペギラもモノクロだけ持っているし、
それに大怪獣ノート5冊というのが
とっても魅力なんですが...

+?というが、
まさかボスタングっていうのは
ないでしょうか?

価格も最近のリックからすると、
奇跡的な値段だと思います。
と~っても迷っています。



【2007/06/09 23:15】 URL | ふみ [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



東京タワー東京タワー (''Tokyo Tower'') とは、東京都港区 (東京都)|港区芝公園四丁目にある、赤色(正確にはインターナショナルオレンジと呼ばれる)と白色を交互に配した塗装の集約電波塔である。配色の理由は、航空障害となり得る煙突や鉄塔は頂部を みくのブログ【2007/06/15 06:12】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。