1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18141035.jpg 18141036.jpg

ベンダー機を見つけましたので、早速回してみました。
とりあえず2回トライで、タロウとプロテ星人が出ましたので満足の終了です。

タロウはスーツの処理も「おお~っ!」と、なかなかの良い出来ですが、何かバランスの悪さを感じます。よくよく見ますと上半身と下半身のパーツで微妙なサイズの差が!。これが違和感の原因でしょうか。
プロテ星人もスーツの特徴をよくとらえて造形されていますが、私的にちょっと期待はずれの感もあり、残念です。以前のHGとあえて比較は避けますが、さらに次回に期待というところでしょうか。



私はまだ未入手です。プロテ星人は見る限り目のクリアが生かされていない様な。もうちょっと明るくできたらと思います。
【2007/05/31 23:11】 URL | BEAT [ 編集]
>BEATさん
頭部のクリアパーツは、目の部分がやや厚みがありますね。
目の裏側にはクリアーイエローが塗られていますが、頭部下地色のゴールドが上手く反映されていないのが残念です。
【2007/06/01 02:31】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
CORE2回したか!
今日の24時までにはレビューを掲載する予定…です。間に合うかなぁ。

タロウがずん胴なのは残念です。
タロウらしいポーズでいいと思ったんですがね。
プロテ星人は、ポーズはいいけど全身のイボイボがちょっと足りないです。
あれだけ気を入れて造型してくれているのはありがたいですが、やはりユルさを感じてしまいます。
私の意見としては、プロテのクリア顔と裏の金はけっこういいと思います。
微妙に口らへんもうっすら金色に光るのが、なんともセブンの宇宙人らしいです。
よほど暗くなければ、いい感じに反射しますよ。
ただし、プロテの顔はもう少し下に長いんですよね。これだと、やや丸っこさを感じます。

あ、ところで。
ファウストの件、なるほどです。
悪魔との交渉相手という位置づけなら、ファウスト博士と同義ですね。
ちなみに、私が読んだ「ファウスト」は池内紀訳氏の訳でした。
「紀訳」の「訳」は古い字ですが。えぇ、まだ生きてます。
あれは読むのに2ヶ月弱かかってしまいました。
でも、本当に読んでよかったと思っています。
ここからは余談ですが。
ファウストに感動した影響で、去年の文化祭で行った劇は、
脚本・監督・演出・音楽が私でなんと「新・ファウスト」でした。
演出の難しさに不満の声も上がり、友人だったはずの同級生とも大喧嘩になりました。
それでも、最後は皆が結束して劇を完成させてくれ、無事に大団円を遂げたのです。
脚本描くのもさることながら、選曲に徹夜が続いてしまいましてね。
稽古の時にも何度か怒声を飛ばしていて、疲れが溜まっていたらしく。
文化祭終了直後に、疲労による扁桃周囲膿瘍で1週間ばかり入院することに。
あれは悔しかったけど、今となっては最高の思い出です。

あ、どうでもいい話が過ぎましたね本当スミマセン。
CORE3はメビウスの最終回がメインらしいです。
クオリティには期待大ですが、ハヤタ隊員さんはメビウスご覧になってましたか?
【2007/06/01 21:38】 URL | 定静 [ 編集]
うわ、すみません。
「CORE2回したか!」と、なぜかよくわからんため語になってます(汗
「CORE2、回しましたか!」のはずだったのですスミマセン。
【2007/06/01 21:40】 URL | 定静 [ 編集]
しばらくぶりです。
ちょっと山に(モルフォを採りに)こもってました。
プロテ星人って、ピラミッドみたな建物のそばで、
出たり消えたりしていた方ですね。
このポーズからすると、
ぬいぐるみの中に入っている方は、
イカルス星人とか
ワイルド星人とかを
やっていた人と同一人物でしょうか?
【2007/06/03 09:12】 URL | ふみ [ 編集]
>定静さん
ミニブックの「ウルトラマンセブンより」には、クスッと笑ってしまいました。
プロテ星人ですが、全身の細かい突起をこのサイズで表現するのはツライところなんでしょうね。もうすこしクリアに造形されていたら「感動もの」なんでしょうが。
もうひとつ残念なのは、両足太腿の横についているフジツボ状の突起も、首のブルーといっしょに塗装して欲しかったですね。


>ふみさん
手持ちのムック本を見てみたところ、プロテ星人の縫いぐるみで演じていた方は山村哲夫氏で、この人はアギラのスーツアクターでもあります。イカルス星人は鈴木邦夫氏、ワイルド星人は荒垣輝雄氏となっておりました。
マンに比べてセブンのほうはスーツアクターの人数も増えていますね。女性体型の宇宙人は、もちろん女性が演じていましたし、ミクラスなどは登場話によってはスーツアクターが違っていたりと、かなり慌しかったようで。
【2007/06/03 23:56】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。