1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタもないので(笑)、待ち遠しいリトラについて、ひとつ。
リトラはゴメスと同様に東宝特美による造形で、東宝のラドン(操演用)の改造でした。ただし、造形の経緯としては、あいだにラルゲユウスをはさんでいます。

まず、1964年公開の『三大怪獣 地球最大の決戦』で使用された、操演用の飛行ラドンをベースにラルゲユウスに改造されました。その後、Qの制作順ではあとになるリトラに改造されることになります。そして「ゴメスを倒せ!」撮影後に、リトラのまま東宝特美の倉庫へ返され保管されます。
二度にわたる改造が伏されたわけですが、ラルゲユウスとリトラを見比べても流用パーツは見当たらず、大改造だったことがうかがえます。

このリトラが次に、66年公開の『南海の大決闘』の大コンドルに改造されたと書かれた書籍もありますがこれは間違いで、大コンドルは別の操演用ラドンからの改造です。大コンドルの顔は、ラドンの面影がそのまま残っています。



東宝怪獣とQ怪獣は、複雑な関係がありますよね。
リトラにそんな経緯があったとは・・・。
ラルゲユウスは名前がカッコよくて大好きです。
ところで、ラルゲユウスにて多用された鳥のテーマ。
あれを変奏した曲が「恐怖のルート87」で使用されています。
同じ「鳥と少年」ということで、やはりその曲がピッタリだったのでしょう。

初代ゴジラと和光ビルの合成写真をアップしました!!
うーん、木の合成は頑張ったけど右足がイマイチです。
そしてCOREのレビューを今更掲載。
現在、全集Finalレビューを書いているのですが・・・今年に入ってペースががた落ちです。
早く元に戻したいです。
【2007/04/23 01:14】 URL | 定静 [ 編集]
改造と言えば、モスラ改造のゲスラを見たかったような、あれで良かったような・・・。
【2007/04/23 23:06】 URL | 190 [ 編集]
>定静さん
ラルゲユウスは、たしかラテン語のカモメからつけられたようですよ。

初代ゴジラの合成画像拝見しました。とても食玩の怪獣を使ったとは思えないくらいに素晴らしい仕上がりで驚きました。
ただ、ちょっとゴジラが小さいですねぇ。ムック本のスチール写真を見ると、ゴジラは時計塔の上にある避雷針と同じくらいの大きさです。あと、できれば夜のシーンがベストですが…。ぜひ、またトライしてみてください。


>190さん
モスラ幼虫を改造してのゲスラは、デザインは毛虫の怪獣ということで植毛がいくつか付いていましたね。見るからにウルトラマンが戦いにくそうな相手ですね(笑)。
【2007/04/25 01:04】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
合成写真のご感想、ありがとうございました!
そうなのです。ゴジラが小さすぎたんですよ・・・。
ゴジラを必要サイズに縮小して、その後に背景を縮小して作成。
その時点で「しまった・・・!」と思ったのですが、仕方なくそのまま作ってしまったのです。
次にやる時は、ぜひ夜のシーンでやりたいです。
が、しかし。
ナイトシーンの合成写真はやったことないのです。
以前、途中まで作っていたけどパソコンを初期化するハメになってパァとなったのがありましたが。
なので、いくつか練習してから初ゴジに再チャレンジしてみようと思います。
でもそのためにはまず、夜の銀座に行かねばならんなぁ。
【2007/04/25 02:09】 URL | 定静 [ 編集]
いや~、勉強になります!
「鳥を見た」ので曲が「恐怖の・・・」に使われていたとか、
ラルゲユウスはラテン語のカモメがもとだとか、
「ウルトラQ検定問題集」なんか作れそうですね。

リトラと言えば、
芥川賞作家・東野圭吾さんの
自伝(?)「あの頃ぼくらはアホでした」の中で、
「シトロネラアシッドとは何か。
それはリトラリアが吐き出す溶解液の名称である。
・・・・・・・・・・・・・・・ライバルにはゴメテウスがいる・・・」
と、氏が怪獣少年だった頃のことがつづられている
場面があります。

ああ、分別のある顔をして、まじめに仕事をしながら、
心のどこかに怪獣少年の心がホカホカと柔らかく
残っている人って、案外どこにでもいるんだなと
うれしくなります。



【2007/04/25 21:41】 URL | ふみ [ 編集]
皆さん、知識が深いですねえ!
このレベルでウルトラQ検定問題を出題されたら間違いなく赤点モノです(笑)
ところでリックのリアルマスターコレクション「ゴメスを倒せ」のリトラですが、カラーリングが前から気になっています。
リトラの色設定を示す資料というものは現存するのでしょうか?
どうしても始祖鳥をモデルにしたという印象が強いので少しハデ目に感じます。
グリーンとオレンジの塗り分け位置もハンパな気がします。
欲を言うとクジャクの羽を使った尾羽は一体成型でなく1本ずつ
羽毛のように型抜きしてお尻に差し込むようにするとグーです。
勝手なことばかり言ってますが、リトラのモデルがより良くなればと願ってのゴタクです。すみません<(_ _)>
【2007/04/26 21:28】 URL | mothgodgi [ 編集]
>定静さん
合成写真もけっこう根気のいる作業もあって、画像を見ているだけですぐ目が疲れてしまって、私はあまり作ったことはありません。
定静さんの作品は構図もよくて上手いなぁ、と思います。また作品拝見させてください、楽しみにしています。


>ふみさん
東野圭吾さんは、ふみさんや私とまったくの同年代のかたですからね。こういうお話はちょっと嬉しくなっちゃいますねぇ。
「怪獣少年」は、意外やけっこうまわりにいたりしますからね(笑)。なかなかこの話題にもっていくきっかけがありませんから見つからないだけで。


>mothgodgi さん
リトラの色設定といえるようなものはないと思います。ただ資料としては、台本におけるリトラの設定からその体色を想像するしかないですね。

「-鳥類と爬虫類の中間生物で卵生、さらに変態する-」
大きく狂暴なゴメスとの対比ということで、小さく華麗なリトラという設定です。
デザインのモチーフは鳳凰で、実際に孔雀の翼を尾羽に使っていますから、極楽鳥のような色彩がイメージでしょうか。
【2007/04/27 00:46】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。