1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよパゴスの登場です。一般的にQ怪獣の中ではすぐに名前の挙がる怪獣ではありませんが、ウルトラ怪獣ファン、地底怪獣ファンというマニアにとってはメジャー級で根強い人気のある怪獣です。
東宝のバラゴンの縫いぐるみを流用改造したもので、俗にバラゴン・スーツ・バリエーションと呼ばれる第1号で、この後さらに過酷な改造の連続を辿ることになります。造型は高山良策氏。
バラゴンは東宝で頭部を外され、首から下を返却を前提として借り受けました。高山氏はボディの外観を傷めないように布でくるんでからモールドを追加しています。腕に4箇所ほどついているヒレのようなものは、布で巻いて余った部分を縫いあわせて出来たヒレだそうです。

300401.jpg

ウルトラQ編 第3弾 パゴス
パゴスといえば四足ポーズで造型されたものが多いのですが、このシリーズでは立ちポーズでの登場です。このポーズで思いつくのは、最終製作話「ガラモンの逆襲」のセットで東京タワーを囲みペギラ、カネゴン、ゴーガと一緒に撮影された記念スナップのスチール写真で、これを資料に造型されたものと思います。

大きさが思っていたより小ぶりでちょっと残念でした。せめて次のゴメスぐらいのボリュームが欲しかったです。やや生物的解釈が気になり、縫いぐるみスケールダウンを期待していただけにそのギャップも大きかったです。また、歯が尖っていない、胴体が細い(ここがいちばんがっかりした部分)、手足にモールドされるシワが縫いぐるみのそれではなく恐竜の皮膚っぽい、等の不満が残りました。
ただ前述の東京タワーの横に立つスチール写真と同じ角度から見ると非常によく似ています。
後に「ウルトラQ超限定ボックス」にセピアカラーで腹這いパゴスが発売されましたが、こちらのほうが胴体も太く好みです。
ちょっと個人的嗜好で不満ばかり書きましたが、ゴローが出たことでこのシリーズに大きな期待をよせ買い続けております。RICさん、ぜひとも腹這いパゴスのモノクロも出してください! カネ繭やガラ玉のモノクロはすぐに出たのに…、お願いします。



Qの中では、最も怪獣らしい怪獣だと思います。個人的に凄く好きな奴です。私も、腹這いパゴスを、是非バラで発売して欲しいです。
【2005/11/14 18:36】 URL | 190 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



 エクスプラス大怪獣シリーズ ウルトラマン編 《ガボラ》今日が発売日でした{/face_en/}どうしても欲しかったので、ネット通販はやめて、自分で買いに行くことに{/hiyo_do/} 朝、仕事を終えてそのまま長府のトイザらスへ{/cars_red/} はりきりすぎて、オープン1時間前 日子のさらさら日記【2005/11/15 00:36】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。