1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「チープトイからフィギュアまでこれ一冊でOK!」で、いつもお世話になってますハイパーホビーも早いもので100号だそうで、おめでとうございます。
いつもは立ち読みばかりで申し訳ありませんが、今号は付録の関係でナイロン袋に入っておりましたので買わさせていただきました。
内容としましては、私的に「特別これは…」というニュースはありませんでしたが、『日本ホビー史』はじっくり読まさせていただきました。「うん、うん、そうだったなぁ」と懐かしむばかりで。

気になったところでは、
☆スクープ!としまして、「マン」「セブン」と完結した(実際はコンプリートしたとはいえませんが)、ウルトラ怪獣名鑑シリーズが復活だそうで、今度は「帰ってきたウルトラマン」がリリースされるようです。
帰りマン対ステゴンの原型写真が載っていましたが、サイズは怪獣名鑑と同じだそうです。ということは対決ものはひとまわり小さいということでしょうね。こうなると、帰りマンもチョイスした「怪獣戯画」は何だったのかと疑問が残ります。またグドン、ツインテール、キングザウルスも当然出るんでしょうが、何か計画性のないことで…。帰りマンはパスするつもりですので、お願いだからシークレットに「Q」は入れないで!

☆X-PLUSのスタチュー製「ゴメス&リトラ」の写真。リックの会報では白黒でしたので、カラーで見るとまた印象が違いますね。リトラのサナギの色も私が想像したものとは違っていて驚きましたが(笑)。解説も紛らわしいものになっていて(カネゴンにつづく第2弾?)、誤解を招く内容です。

年末年始へと、私的に欲しいものは怒涛のリリースというわけでもなく、ゆったりペースでひと安心といったところです。「宇宙エイ」のためにこつこつ溜めます。



ハイホもついに100号ですね!
今回はライダーが付録に付いていて、立ち読み不可。
なので、初めて購入しました。
帰マン名鑑が計画中だそうですね。
チョイスがよかったら考えますけど、ちょっとBANDAIズルくないですか?
戯画を出しておいて、そのうちエース名鑑まで出てきそうな感じですよ。

あ、アートワークスは買いましたか?
レビューを載せましたが、レッドキングの出来は圧巻ですよ!
【2006/12/04 19:01】 URL | 定静 [ 編集]
少年RICのHPで宇宙エイの予約が始まりましたね。
9,800円 (税込10,290円)と、当初のアナウンスより若干安くなっています。
ハヤタ隊員さんの熱意がきっと通じたのでしょうっ!(^^)!
しかし今回はカラー版のみとなっていますね。
しかたのないところでしょうか?
オマケの大怪獣ノートも付いてくることだし、いっちょう行っときますかっ!!

飛行形態シリーズ ウルトラセブンもついに登場しました。
http://www.geocities.jp/westkenji/menu.html
う~ん、これは行ってしまいそうです。。


【2006/12/04 21:57】 URL | gomora23 [ 編集]
>定静さん
今日、会社の帰りに別の書店に寄ったのですが、そこはハイホは輪ゴムで十字に留めてありました。ここなら立ち読みできたなぁ…、と(笑)。
私的には、名鑑と戯画はこれからどのように展開していくのか静観しようと思います。ぼちぼちと、といったところでしょうか。

アートワークスは予約してあるんですが、届くのはまだちょっと先になりそうです。レビューは十分参考にさせていただきますよ(笑)。


>gomora23 さん
なんとか1万円を切る定価にはなりましたね、早速予約しました。
正直、先の価格で予約が集まらなければ発売中止になるのでは、と心配していました。企業努力という言葉ばかりを押し付けてもしかたありませんが、とにかくQ怪獣補完に向けて光が見えました!

飛行セブンはいいですね~!、ほんとうに撮影に使われたプロップに見えますね、カッコイイです。赤い部分は、また成型色なんでしょうね。
【2006/12/06 00:59】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。