1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18136292.jpg

童友社の城郭コレクション「日本の名城」をひとつつまんできました。
姫路城が出ましたが、う~~開けてビックリ!これがまた小さいです(笑)。
もう少し大きいものを想像していただけにガックリきました。なぜにこのスケールなんでしょう? 私、てっきり塗装済みパーツ状態で入っていて、ハメコミ組み立てでサイズも大きいものだとばかり思っていました。怪獣名鑑のなかでも、やや小ぶりのゴモラと並べても、ぜんぜん小さいですね。

ゴジラ名鑑&全集に合うスケールで、名古屋城や熱海城が欲しいところですが…、そうそう、ゴモラに合う大阪城も欲しいですね。
童友社さん、ぜひともご検討のほどを! 私、迷わず箱買いさせていただきますので。

もうひとつ、遅ればせながら日本沈没「D2計画編」もあったので、これもつまんできました。陸自1.5t救急車でした。コナミの陸自装備大全やヘリボーン・コレなんかとも並べて楽しめますね。これには満足しました。

18136293.jpg



小学生の頃、近頃のようなリアル造形の怪獣玩具はなく、、ましてジオラマで遊ぶなど夢のまた夢でした。そんな私がよくやっていたのが入浴中に蛇口にホースを繋いで水中から水面に向かって水しぶきを上げて怪獣や円盤を浮上させるパフォーマンスでした。豪華客船の前に出現するゴジラ、東京湾に進行するモスラ、明神湖から浮上するX聖人の円盤(洗面器)等など。もちろんBGMは伊福部音楽の独唱です。気分が最高潮の頃には風呂の湯はすっかり冷め切っておりました(笑)
【2006/10/27 22:25】 URL | mothgodgi [ 編集]
>mothgodgi さん
おっ!、湖底からブクブクと湧き上がる水泡と浮上する円盤とは、これはワクワクしますねぇ!
私が小学生の頃には家には風呂が無く、近くの銭湯に通っていたのですが、そこでよくやったのはシャンプーの空容器に水中モーターを着けての海底軍艦遊びでした。容器の中には風呂の湯ではなく水を入れておき、容器の腹を押さえて中の水を噴き出させ遊んでいました。これはほんとに友達とよくやりました(笑)。
【2006/10/28 23:47】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。