1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18136274.jpg

ウエストケンジの「円谷飛行形態シリーズ」ニセウルトラマンが届きました。
このシリーズですが、撮影に使われた飛行ポーズのプロップを再現しようというもので、第1弾はマンのBタイプが発売されています。このBタイプのEX版としてニセウルトラマンが発売されました。

撮影に使われたニセウルトラマンは頭部がBタイプマスクの改造、ボディがAタイプスーツの流用でした。劇中ではニセウルトラマンの飛行シーンはありません。
このニセウルトラマンはパッケージのインストにも書いてありますが、「もし、ニセウルトラマンに飛行プロップが存在したら…?」というコンセプトで独自表現されているそうです。(パッケージの影絵がカッコイイ!)

18136276.jpg 18136275.jpg

出来としましては、リアル志向にはなっていますが、手の造型のユルさや足が分かれていないなど、どこかトーイっぽい仕上がりになっています。また、ボディの赤成型色にシルバーの部分を塗装してあるのがちょっとがっかりでした。
しかし実際の飛行プロップもこのような出来でして、再現性として見るなら、とても似ていると思います。飛行プロップは望遠モデル的な使用をされていましたから実物も精密な造型にする必要もなかったんでしょう。(バルタン星人の集団での飛行プロップは、おもちゃのソフビが使用されていました)

さてこのシリーズの第2弾はウルトラセブンが発売予定になっています。
どんな勇姿をみせてくれるか楽しみです。



おお、この影絵は秀逸ですねっ!
飛行セブンは買うかどうか迷うところです。。
このエイも (^_^)
http://www.ric-toy.ne.jp/item_bosstang.html
【2006/10/09 18:06】 URL | gomora23 [ 編集]
>gomora23 さん
飛行セブンを眺めていると、ラストシーンが脳裏をよぎり
涙がとまらないかも…。おひとついかがですか?(笑)

そのまんまエイですね!
これ分割ラインはどうなるんだろう?って思っていたんですが、
なるほど!腹の画像で確認できました。
これは1匹、いただきますよ。
【2006/10/09 22:42】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
飛行バルタンは、マルサンソフビの改造品が使われたそうですね。私は、最近のホビー誌で見て、知りましたよ。
ってことは、バルタン2代目の撮影前には出来ていたのですから、当時のソフビも、殆ど本放送とリンクして作られていたってことですよね。早~っ!!
【2006/10/11 19:05】 URL | 190 [ 編集]
>190さん
私、ひとつだけハッキリ憶えているのが、昭和41年の春ごろにマルサンのペギラが発売されて、秋には頭部差し替えでチャンドラーが発売されました。子供心に「似てねぇ~」って思いましたが(笑)。パゴス、ネロンガ、ガボラと、ほぼ本放送に遅れるか並行にソフビ怪獣は発売されてたように記憶しています。
【2006/10/11 23:40】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。