1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事が忙しくブログのほうもなかなか書けないでいます。メビウス劇場版が公開されたようですが、今月はもう休みも無くて観に行けそうもありません。

今年は、1966年(昭和41年)からちょうど40年目にあたります。この1966年の1月放映が「ウルトラQ」、7月放映が「ウルトラマン」ということで、円谷プロ作品の原点でもあるこの二作品の誕生40周年です。

モノクロ作品の「ウルトラQ」は、放映前の足掛け2年に亘り暗中模索のなか制作されていたので、「ウルトラマン」に比べて古くさい感は否めません。しかし今もって「ウルトラQ」を超えるTV作品が近年の技術を持ってしても作られません。
これは、人材や技術だけでなく、背景に「昭和」という熱い時代性が多いに関係しているのではないかと思います。このブログを始めてから何度もウルトラQのDVDを見返していますが、強く感じています。

さあ、さて来年は「ウルトラセブン誕生40周年」ということになりますが(笑)、このまま盛り上がりは続くのでしょうか…。



メビウスの映画、私もしばらく忙しくていけませんが、絶対に観に行きます!!
ローソンで売っている前売り券には、歴代防衛隊の隊員バッチがついてきますよ!凄い出来です!!
http://www7a.biglobe.ne.jp/~gobuzakiseishunnikk/emblem.PNG
http://www7a.biglobe.ne.jp/~gobuzakiseishunnikk/guys.PNG
↑ご参考までに。

今年はウルトラ生誕40周年ということで、フィギュア界も盛り上がりを見せていますね。
「ウルトラQ」は、今では考えられないほど古臭いものがありますが、ストーリーの奇抜性、役者、特撮全てにおいて最高だと思います。やはり、近年になってもQを越す作品が登場するのは、情熱の強さの違いですかね。技術だけでは勝てませんよ。
「ウルトラQ」まさに、円谷特撮の原点と言うべきものでしょうね。私も、またDVD見直そうかなぁ・・・。
ちなみに、円谷特撮の頂点は「怪奇大作戦」だと、私は思っています。
こちらもDVD全巻買っちゃいましたが、どれも超名作です!!
【2006/09/16 23:49】 URL | 定静 [ 編集]
この時代のプロ野球巨人もしかり
まさに熱狂の時代だったような気がします。

大怪獣シリーズQ編、終わってませんでした!
ボスタング、ジュラン、そしてついにリトラが!!
http://www.ric-toy.ne.jp/item_hatsubaiyotei.html
【2006/09/17 10:47】 URL | gomora23 [ 編集]
>定静さん
バッジ良いですね~。今から前売り券、間に合うでしょうか? 明日、ローソン覗いてみます。
「怪奇大作戦」はビデオでしか観たことありません。それも4話ほど飛び飛びで。これも全話観てみたい作品です。以前から、少しずつ揃えたいなぁと思っていました。


>gomora23 さん
おおおーーっ!これっ!、これっ!
諦めないでよかったぁ。定期的にしつこくリクエストメールは送っていたんですが、はっきり発売予定ラインナップとして発表されたんですね。よかった~!
【2006/09/18 00:01】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。