1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18136239.jpg

18136241.jpg

「深海の一角獣」ことグビラです。グビラは有名怪獣でないためか、あまりマニア本等でも多く語られませんが、縫いぐるみは非常に大きく量感のあるフォルムになっています。
なんといっても魅力は鼻先のドリルと体色の美しさでしょう。熱帯魚がモチーフになっているのでしょうか、黄色と黒という組み合わせの派手目なカラーはインパクトがあります。ちなみに模様はシンメトリーではありません。

18136240.jpg 18136237.jpg

発売以前にリックのHPで見た画像では、少し体長が短いかなぁ、と感じたのですが、この上からの写真でお分かりのように、頭部は左に傾いています。よってあの左側面を撮った画像では、やや寸詰まりに見えてしまったということで、実物はというとそれほど短くもなくちょうどいいサイズでバランスもいいと思います。頭部の傾きと前足との可動で動きのあるポーズがつけれそうです。
口も下顎が可動で少し開いて表情がつけられますが、ただドリルが気持ち短いのと、後ろ足の黒のドット模様が省略されているのが残念です。
後ろ足で立たせてみようと、あれこれ角度を変えて試みましたが、尻尾は固定で頭部が重くバランスが悪く立ちませんでした。

シーボーズがもういません。最後のグビラを抱えたときにギガスと目が合ってしまいました。ご、ごめん…。



僕はこれ見送ってたんですが、先週末ザらスに行くと一匹だけ残っていました。
手に取って10分ほど迷いに迷ったんですが、後に出るCCPに期待ということで戻してきました。「連れて帰ってくれ」と目が訴えているようで辛かったです・・・(~_~)
ところで放送本編ではフジアキコ隊員の潜水服姿がイカシてましたね。
両肘の脱臼が痛々しいギガスも3人ほどぶら下がっていました。
こいつとは目を合わさないようにしていました。。

ビリケンから海底原人が・・・
http://www.billiken-shokai.co.jp/billiken_files/toy/toy_realmodel/toy_index_flame.html
【2006/08/29 15:21】 URL | gomora23 [ 編集]
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。
いろいろな情報をいただいているお礼をと思い、今コメントさせていただいております。
北海道在住の大怪獣シリーズ大ファンのおやじです。
今後とも、楽しい記事を期待しております。
ありがとうございました。         
                    hiyoko
【2006/08/29 20:52】 URL | hiyokos654321 [ 編集]
リアルなグビラですねぇ!
出来栄えは、流石という外ありませんね・・・。
いつも言うようですが、とても私の手の届く代物では・・・

怪獣名鑑のグビラには、尻尾に赤い斑点が3つか4つほど見られるのですが、あれは何でしょう?
HGのには、当然無いのですがね。

海底科学基地は、緊張感溢れる作品でしたね。
ドリルでパイプを突き破るシーン、ドリルで八つ裂き光輪をはじき返すところなど、圧巻でした。
そう思うと、やはり短めのドリルというのは、ちょっと残念でしたね。

【2006/08/29 21:36】 URL | 定静 [ 編集]
>gomora23さん
そりゃあもう、もちろんCCPのほうをお奨めします(笑)。
エクスプラスの可動タイプのは、トーイと割り切って買いましょう。遊べますよ~。
ギガスを見るたびに、ベムラーを買ったことを反省してます。

ビリケンのラゴンはQ版だったんですね。 
また、アイテムかぶったのかと思いましたよ~。


>hiyokoさん
いらっしゃいませ。はじめまして、よろしくお願いします。
つまらないことばかり書いておりますが、また覗いてやってください。ありがとうございます。

hiyokoさんも「飛行タイプ・マン」をゲットされたんですね。
私、15年くらい前にも「飛行タイプ」を買い逃しておりまして、今また心動かされております(笑)。
またゆっくりブログのほう拝見させていただきますね。


>定静さん
名鑑のグビラの尻尾の斑点、何でしょう?これ、わかりませんね。こんな模様はないし…。

当時は、サンダーバードのジェットモグラ、科特隊のペルシダーと、「ドリル」は憧れの的でした。なんか凄くカッコよかったです。これを鼻先につけた怪獣が現れたのを見て、私クラクラしました(笑)。
【2006/08/30 01:45】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
以前、ウルトラマンオープニングの影絵の怪獣は何か?という話題がありましたが、円谷プロが公式見解?を出しています。
ほぼ正解だったようなのですが、たしかガヴァドンBという結論だったものが「謎の怪獣」とされています。
影絵が作られた時点では高山先生はガヴァドンを未だ造りだしていなかったと考えられるので、さもありなんです。
本家でも解からないことってあるんですね~

http://shop.genesis-ec.com/search/result.asp?shopcd=17107&itemgrp1cd=100&itemgrp2cd=110&itemgrp3cd=116&makercd=&kwd=&deli=1&unitprice_fm=&unitprice_to=&line=50
【2006/08/30 16:00】 URL | gomora23 [ 編集]
>gomora23 さん
最近知ったのですが、どうもあれはベムラーらしいですよ。
手がデカすぎるのですが、影絵を描かれた方がベムラーの手が小さいことを把握してなかったそうです。
頭部に関してはディフォルメされてるとはいえ、ベムラーと言われれば、まあ似てます。目とトゲが…(笑)
昔、この疑問について高野特技監督が雑誌で語られていたようです。

私的には「謎の怪獣」がいちばんしっくりきます。
「謎の怪獣」としてTシャツ出たのなら、これで決定でいいです(笑)。なんかスッキリしましたね。
【2006/08/31 00:07】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。