1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日はワンフェスですね。今夏こそは行きたかったんですがやはり仕事の都合がつかずだめでした。この前行ったのが前回のワールドカップの年でしたから02年ですか。たしか、怪獣無法地帯の村田さんのガラモンが見たくて…。今年は高垣さんのケムール人がいちばん気になります。足は指造形でしょうか?これなら欲しいのですが。

18136233.jpg

雑誌の切り抜きを溜めてたファイルの中から懐かしいものを見つけました。第2回ワンフェスのパンフで、85年夏ですね。
たしか第1回ワンフェスのことを「宇宙船」で知り、次はぜひ!ということで初めて行ったワンフェスでした。このころはまだゼネプロが主催していて、会場は浜松町の都立産業貿易センターの大会議室でした。
このパンフを見てみると出店団体は模型店・専門店が33店でアマチュアディラーが36店になっています。今と比べるとほんとにささやかな規模ですが、怪獣造型全盛期のころでしたのでほんとうに楽しかったです。ボークスのOHのキングギドラが天井から吊られてディスプレイされていて、これには驚きました。


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。