1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラQ編 第21弾 ラルゲユウス

172502001.jpg

「クロオ」の登場です。この文鳥までフォローして出してくれるとは嬉しいかぎりです。
巨大化し警察署の屋根を突き破って出てくるシーンがモチーフではないかと思われます。首のあたりがボリュームがありすこし太いかなと思いますが、左右に広げた羽のサイズや全体のバランスも良く、本当によく似ています。これもまた貴重な1体になりました。

重なりあう一枚一枚の羽根も細かくモールドされており好感が持てます。過去に立体化された「リトラ」のなかには羽根のモールドを大雑把に処理してあるものがありましたが、雰囲気うんぬんではなく、けっこう見苦しいもので(おもちゃっぽく見えます)、「羽根は表現が難しいなぁ」と思いました。

172502002.jpg 172502003.jpg

この足、かっこよく処理してありますね。リアル造形ではこのあたりのレベルが大事だと思います。クモやタコと同じく「怪獣です」と注釈を付けないと、それとは解らない部類の1体ですのでなおさらです。今回は三郎くんがオマケで付きます。

10年前に大阪で開催されたイベントで、実際に撮影に使われたラルゲユウスのアップ用の足を見ました。天井を踏み破るシーンで使われたプロップですが、かなり大きなもので驚きました。樹脂製のツメは飴色で綺麗でした。ラルゲユウスはリトラと同じく東宝の操演用ラドンの改造になります。



これを行くべきか行かざるべきか逡巡するうちに早や半年以上経ったの
でしょうか・・・・
よくできてるとは思うんですが、やはり「ただの鳥」なんですよねぇ。。
(~o~)
【2006/07/10 13:23】 URL | gomora23 [ 編集]
>gomora23さん
怪獣らしいところはどこにも無い、鳥のフィギュアです(笑)。
単体で飾るにはタイトル・ロゴのネームプレートが欲しくなります。
Qの怪獣では、いちばん地味ですね~。
【2006/07/10 23:08】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
これからもしリリースされるとしら、マンモスフラワーなど
買うか迷うところです。
「巨人」はたぶん買います。
【2006/07/11 21:48】 URL | gomora23 [ 編集]
>gomora23さん
私はマンモスフラワーでもモルフォ蝶でもなんでもこい!です(笑)。
巨人もリリーも出してください(笑)。Q編ならとことん付き合います。
X-PLUSさん、完全コンプリートは偉業ですよ。がんばれ!
【2006/07/11 23:46】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]
ラルゲユウスは、Qの傑作造形ですよね。
中でも、最後に飛び立っていくシーン!・・・は、ラドンの流用でしたっけw

しかし、劇中で多用されるあの音楽は大好きです!
「恐怖のルート87」でも同じ旋律をテーマとした曲が使われていますよ
ね。

ドラマも、冒頭の動物園の不気味さといい、あの幽霊船のようなタイムス
リップした船といい。
何より三郎君の演技がイイです!
【2006/07/12 19:07】 URL | 定静 [ 編集]
>定静さん
「鳥を見た」と「育てよ!カメ」は、怪獣や怪奇ものとは違う
テーマで一線を画していますね。少年の夢を誘うファンタジー
な感じが盛り込まれていて好きな作品です。
三郎くんを演じた津沢彰秀君は、この演技が評価されて
マンでのホシノくんに抜擢されたんでしょうか?(笑)
【2006/07/13 22:23】 URL | ハヤタ隊員 [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。