1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
360211.jpg
飛んできました。この雪の中を。
サロメ星人の造ったニセ・ウルトラセブンです。

360212.jpg 360213.jpg
このポーズはまさに地下ドックで建造中のニセ・セブンですね。膝のプロテクターの左右の高さのずれかたもスチールそのものです。もう少し、気持ち太ももにボリュームがほしいところです。
実物のスーツは劣化の細かいシワやひび割れが目立つのですが、そこはほどよくアレンジしてあり、汚さを抑えた造型になっています。やはり気になるのは、塗装が全体的にマット過ぎるのが不満です。アイ・スラッガーも外せたらよかったんですが…。

360209.jpg
ニセものめ! まあ、こうやって並べるのはいいのですが…

360210.jpg
これじゃ、ニセものが有利でしょ? 勝てるのか?
サロメ星人はたしか同サイズに造ったはず。

そういえばウルトラマンにロボット型キャラがいませんね。このニセ・セブンの他にもウィンダム、キングジョー、ユートム、クレージーゴン、ナース、第四惑星ロボット長官…。けっこういます。
スポンサーサイト
360207.jpg

昨日、総天然色ウルトラQの後編が届いていました。
午前中は雪かきでヘトヘトになったので、午後はこれを観てゆっくりしていました。

ビデオやレーザーディスクやDVDとソフトは換わり、もう何十回もモノクロ映像を真剣(^^)に観てきましたが、カラーライズされてクリアになった映像を見ると、目に入る情報もまた新鮮なものですね。個人的に気になる箇所もいくつか発見しました。自分の脳裏にある昭和39年頃の「色」に強い想い入れがあるのかもしれません。

そうそう、雪かき中に向こうの通りから宅配便の方が荷物を抱えて走ってきました。
雪が多くて車が1台しか通れないような道は配達に苦労されてるようです。
御苦労さまです。スコップ片手にリック便しっかり受け取りました!ありがとう。
360205.jpg
ウルトラQ編 第30弾 異次元列車

購入してからというもの押入れに保管したままアップが遅くなりました。
さてと、Q編のファイナルとしてリリースされたのは、まさかの登場「異次元列車」です。思い起こせば8年前の暮れにトイザらスでブリスターパックに入ったガラモンを見つけて狂喜したときには、このあと全話リリースされるとは誰が想像したでしょう。
それも怪獣の出ないエピソード「1/8計画」、「変身」、「悪魔ッ子」そして「あけてくれ!」までフォローするという快挙。今後どこからも全28作品をすべて立体化するメーカーは無いでしょう。エクスプラスさんご苦労様でした。

まず、この「あけてくれ!」ですが、昭和41年の本放送時には怪獣が登場しない「現実逃避」をテーマにしたサスペンス・ホラー的な要素を持った作品で、視聴者の大半を占める子供たちには難解すぎるのではと懸念され放送が見送られ、「ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生」に差し替え放送されたので存在しませんでした。

書籍・映像等の媒体ではQ作品の最後の第28話として紹介されていますが、テレビ再放送時に第24話として放送されました。(ゴーガ・リリー・ピーター・トドラの話数が1話ずれることになります) 私自身、「あけてくれ」を初めて観たのは二十歳を過ぎてからでした。

360206.jpg
私的にはこのエピソードを表現するには理想としていた造形になっていて大満足です。手前に広がる海、異次元都市の建物、その上空を飛ぶ列車や車と、スチール写真を切り取ったかのように空間構成も上手くまとめられてあります。付属のボードをバックにして飾ればいやがおうにもストーリーが頭に浮かんできます。

これで全話Qのエピソードが揃ったわけですが、じつは第13話の「ガラダマ」が立体化されていません。これも静かに気長に待とうと思います。
360189.jpg
午後から所用で金沢駅のみどりの窓口へ行ってきました。
予想以上の混雑でしぶしぶ列に並んでいると、後から来た同年代の気のいい方に突然話しかけられました。
話題は昨年末のニュースですが、北陸新幹線が福井県の敦賀まで延長決定?だとか。ただし「2035年までに完成」って…、あと20年以上かかるじゃないですか。(生きてるうちに乗れるのか?)

地元の新聞では「ようやく念願がかなった」と手放しで喜んでいますが、新幹線が出来ると在来線が第三セクターに移行するので、本数の削減により利便性の影響が発生します。特にマイナスなのは、サンダーバードなどの大阪や京都方面への特急電車が無くなります。しかも敦賀から先の京都・大阪方面は新幹線のルートが決まっていません。(本当につながるのか怪しい)

うわさでは、米原接続は今の状態では無理なので、敦賀から小浜を通り、京都には向かわずそのまま大阪空港につなげるというルートもあるそうです。そうなれば今でも京都では半分ぐらい乗降する人がいるのに新幹線の利便性はほとんどないと思います。着々と新幹線の線路建設が進んでいるようですが、どうなるんでしょう?

十年前に買い逃した光の戦士が再販されるということなので早速予約しました。
360204.jpg


「プロジェクトX」懐かしいなぁ~、毎回録画して欠かさず観てたなぁ。
無名の日本人リーダーと、それに従い支えた多くの人々による挑戦と努力、
開発プロジェクトなどが直面した難問をどのように克服し成功に至るまで
のプロセスを心奮い立たせるBGMにのせて。よかったなぁ。
やらせ問題なんかで騒がれて終わっちゃったけど、おもしろかったなぁ。
360203.jpg

MINICRAFTのプラモデルでセスナ172型です。
そう、万城目淳が操縦する星川航空のセスナ機です。

模型店で偶然見つけまして、総天然色Qを観ているせいもあってか
ついつい衝動買いしてしまいました。久しぶりにプラモを組むのも
おもしろいかと。

おっと、その前に「異次元都市」を組み立てなきゃ。
特撮系のHPやブログを見てみますと、年賀の画像はやはりマンダが多いですね~。あとはキングギドラが多いです。

意外とウルトラの竜が忘れられているようなので…
360202 - コピー
ウルトラセブン45周年! がんばれ!
360202.jpg 360201.jpg

2009夏ワンフェス限定で販売されたエクスプラスの「ダダ・ダメージvr.」を出張の際に飛び込んだショップやネットで見かけるのですが、これがけっこういいお値段で、腹を決めかねています。思い切って今買うべきか?、待ちか?(笑)

この「差し替えダメージ面」だけ販売してくれないでしょうか。ダダ上司用に使える丸い窓の付いたパネルとセットで。(笑)

劇中ではダダAタイプの顔にダメージ面(カバー)を被せて撮影されています。目のくりぬかれた部分で判明できます。
360200.jpg
とくにこのシーンがお気に入りです。
昨日、今日と留守にしていた三ヶ月分の新聞を読んでいます。もちろん地方版・県内ニュースのページだけですが、ひとつ気になった記事がありまして、県内在住の天文ファンの方を取り上げた記事です。

今年の5月21日は、日本の太平洋側の広い地域で金環日食(金環食)が見られるそうです。太陽が環になって見えるという、あの金環日食です。しかも東京や大阪、名古屋など、太平洋側を中心とした広いエリアの大都市で見ることができるようです。

7:30頃に静岡県の真上で完全な真円の「金環食」が見られます。全国で静岡県が最高の位置取りです。綺麗な真円が見られるのは 7:31浜松市から始まり~7:32静岡市~7:34東京~7:36鹿島灘へと抜けていきます。残念ながらこのルート以外では部分日食となりますが、国内8000万人の生活圏で金環日食が見られるのは130年ぶりとのこと。もちろんこの方は静岡市へ前日入りされるそうです。どうか晴天でありますように。

360199.jpg
旅のお供に名古屋駅地下の書店にて購入しました。
360192.jpg
昨年末に届いておりました。カラー麺タイマーです。
このカラータイマーは近年タイプのウルトラマンスーツのもので、当時のプロップを完全再現となってはいないのがちょっと残念…。などということは置いといて、さっそくポンと押してみますと…

360190.jpg
青の点灯と共に、

まず、マンの『ヘアッ!』 につづいて

バルタンの『フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、…』

戦闘開始の雰囲気がいやがうえにも高まります。

そして2分間経過後、
青から赤に点灯が変わり、警告音が鳴り響き点滅を始めます。

360191.jpg
『シュワッチ!』のおきまりフレーズで3分間終了となります。

これでカップ麺にお湯を入れて待つあいだも
食玩のベータカプセルと併用でさらに楽しくなるかも。
360188.jpg

二日遅れですが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

昨年は心痛むたいへんな年になりました。自身も長期入院と
いろいろありました。今年は良い年になりますようにと切に願う
ばかりです。自分はいつも「プラス思考」で行動しています。
今年も、いやこれからもこれで頑張ります。

目前に港が見えるホテルにおります。今週末には帰れます。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。