1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンを置いている机の棚に、食玩やガシャポンなどを並べてます。
円谷倉庫のテレスドン保管バージョンを眺めていてふと気づきましたが、
これって、よ~く見ると「怪獣墓場を浮遊するテレスドン」ですよね(笑)。
たしか「ケムラーやアントラーやネロンガはギニョールで、ピグモンとテレスドンは吊った縫いぐるみを撮影した」って読んだことあります。

「保管バージョン」ですが、これ何でテレスドンにしたんでしょうか? 他の怪獣も候補はなかったんでしょうか? 次はどんなプロップをもってくるでしょう、第二弾が楽しみです。

260149.jpg
スポンサーサイト
260141.jpg

少年リック限定版の「変身できるザラガス」です。
ザラガスの場合、変身怪獣といっても容姿がまったく違うものに変身するわけではなく、頭部・胸部・背中のプロテクターのような殻パーツを外す二段変身です。これは脱皮という発想でしょうか。
このオマケの殻パーツを装着して変身前のザラガスになるのですが、実はこんなザラガスが出ることをず~っと心待ちにしていました。ただちょっと殻パーツが厚すぎましたね。もう少し薄く成形してほしかったところです。模型的にはこれで十分ですが。

260140.jpg 260139.jpg

ザラガスはゴモラの縫いぐるみからの改造になるのですが、設定では宇宙怪獣だそうで、ゴモラのときの腹の棘がブロック状のものになり、背中には発光する無数の筒がついた殻を被り強化されています。まさに怪獣兵器といった感じです。
足もさらに一皮被せたモールド追加で、堅そうな皮膚になってさらにパワフルな感じになりました。サイドからのシルエットとしては前後に厚みのある怪獣ですが、尻尾も新たに作り直され、ゴモラのときよりも短く動きやすそうです。

260143.jpg 260142.jpg

脇腹から足にかけて、シワなどのモールドもふくめ、かっこよく処理してある部分もあり、このサイズではベストではないかと思います。できればツノも透明パーツにして取り外しが出来、ウルトラマンに折られたダメージパーツと付け替えできれば、さらに遊べましたね。でもこのツノの飴色もいい感じです。
ドドンゴの続報を気にしていますが、それより先に
無敵のガッツ星人がアップされてます。

http://www.ric-toy.ne.jp/comingsoon.html

これは彩色版が早く見たいですね~。
ピーコック模様、塗装が勝負でしょう。オマケも気になります。

しかし続々と原型が控えているような感じがしますが、
次は何が登場するのでしょう。 ピグモンも早くお願いします。

18141054.jpg
少年リックHPより

倉庫より発見いたしました商品を極少数量限定
にてAmazon少年リックストアで販売中。
・大怪獣シリーズ「怪獣酋長 ジェロニモン」
・大怪獣シリーズ「甲冑星人 ボーグ星人」
・大怪獣シリーズ「凶悪宇宙人 ザラブ星人」
・大怪獣シリーズ「黄金怪獣 ゴルドン」
・大怪獣シリーズ「棲星怪獣 ジャミラ」
・大怪獣シリーズ「宇宙蝦人間 ビラ星人」

3日を待たずして、あっというまに売り切れましたね。
欲しいのがあったのですが悩んでるうちに終了!です。
倉庫の奥にまだ何か眠ってはいませんでしょうか?

会報もほうもご無沙汰ですが
来月のクリスマスセールは何か企画されているのでしょうか?

久しぶりにザラスに行きましたら、クリアランスセールの棚に「再生ドラコ」がおりました。あまりの安さに連れて帰ろうかずいぶん悩みましたが、ギガスの時も見捨てたことを思い出し、やめました。
ごめん!…
ウルトラQとウルトラマンの怪獣を4つのグループに分けてみます。
私なりの分類ですが(人それぞれ好みの分かれるところでしょうが)、仮に1~4としますと、

まず「1」は、リクエストをとればまちがいなくベストテンに入るであろう人気怪獣。
ガラモン、カネゴン、ペギラ、バルタン星人、レッドキング、ゴモラ、ゼットン、…などなど。これらは、怪獣フィギュア(チープトイを含む)で立体化されることの多い怪獣で売れ筋商品です。ご多分にもれず来年早々に出る「怪獣標本」もこの中の2体がリリースされます。

次に「2」は、「1」につづく「人気怪獣第二集団」で、お気に入りの主張がおありでしょうが、パゴス、ケムール人、ネロンガ、ジラース、ザラガス、テレスドン、ドラコ、…などなど。

そして「3」は、マイナーと呼ばれる怪獣で、根強いファンもおられるでしょうが、
ケロニア、ガマクジラ、スカイドン、ウー、ヒドラ、…などなど。Qにもいっぱいいます。

最後に「4」が、マニアックな部門で、メーカーも大量生産出来ないエリア。
ピグモン、ミイラ人間、二代目ケムール人、ゼットン星人、…などなど。
オマケで片付けられることが多いですが、魅力を感じるグループです。

18181816.jpg

と、ここまで前置きが長くなりましたが、
個人的には、1グループの怪獣たちのリリースには正直「もう、おなかいっぱい」感なところがありまして、たとえば「怪獣標本」のレッドキングやゼットンにしても定番のおきまりポーズだったりで、造形や塗装で惹かれるところも無くがっかりです。商品説明で謳っているほどの出来ではないように思います。ハードルの高いグループの怪獣には後発ではそれなりにインパクトが必要かと。

それよりものなかなか立体化される機会が少ない怪獣たち、「リアル路線」で3や4のグループの怪獣たちがたくさんリリースされることを望みます。サイズはどうあれピグモンと再生ピグモン、メフィラス星人の配下、など欲しいなぁ…と。
260117.jpg

ウルトラマンBタイプの初戦の相手、汐吹怪獣ガマクジラです。
デザインとしてはガマガエルとクジラの合体というユニークな体型ですが、真正面のシルエットはまさに海坊主といった感じです。

これもリアル・ソフビでは初になるのですが、発売前からいちばん気になっていたのは体表に付く無数のイボでして、これがどういう感じになるのか、再現されるのか、ということでした。
縫いぐるみではおもちゃのビーズを使って造形されているのですが、やはりソフビではこの小さな突起を再現するのにも限界があるようで、結果的にはちいさなツブで再現されました。これはいたしかたないでしょう。あまりおもちゃっぽく感じるようだったらパスしようかとも思ったのですが、HPにアップされた画像を見る限り、ツブのサイズも小さく間隔も荒くなくということで合格ラインでしょうか。

260116.jpg 260118.jpg

体表のタルミやシワも資料写真に忠実に造形されてるようで、とくに喉から腹にかけてはクジラのストライプラインとあいまって、リアルなタルミぐあいも質感もよく表現されています。ひとつだけ気になるのですが、少し後ろ足が細く感じます。

260115.jpg

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。