1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18141035.jpg 18141036.jpg

ベンダー機を見つけましたので、早速回してみました。
とりあえず2回トライで、タロウとプロテ星人が出ましたので満足の終了です。

タロウはスーツの処理も「おお~っ!」と、なかなかの良い出来ですが、何かバランスの悪さを感じます。よくよく見ますと上半身と下半身のパーツで微妙なサイズの差が!。これが違和感の原因でしょうか。
プロテ星人もスーツの特徴をよくとらえて造形されていますが、私的にちょっと期待はずれの感もあり、残念です。以前のHGとあえて比較は避けますが、さらに次回に期待というところでしょうか。
スポンサーサイト
「宇宙人同士が戦ってもしょうがない」などとクールな台詞を吐くメフィラス星人ですが、シンプルな黒いスーツゆえか、当時は友達のあいだでもウルトラマンに登場する宇宙人の中では人気が無いほうでした。

しかし私なんぞは、一番人気のバルタン星人よりも、このメフィラス星人のほうが好きでした。なんといってもウルトラマンと互角の力、さらに「バルタン星人、ザラブ星人、ケムール人を配下に従えた最強宇宙人」などと少年誌で読み、さらに強い思い入れをもってしまいました。黒いスーツに相まって、ダーティなイメージがなんともいえません。

メフィラス星人の名前は、文学作品でもあるゲーテの戯曲『ファウスト』に登場する悪魔「メフィストフェレス」に由来しています。
これは「悪魔のような宇宙人」という単純な理由だけではなく、第33話『禁じられた言葉』のストーリーが『ファウスト』に則したものになっているのです。

『ファウスト』では、悪魔メフィストフェレスは神に「もしファウスト博士を誘惑できたら、地上の全てと力をやろう」と言われます。
そして、自らの知識を高めすぎた結果、生きることに退屈していたファウスト博士に「面白いことを見せてやるかわりに、お前の命をくれ」と告げます。
『禁じられた言葉』では、ファウスト博士にあたるのがサトル君であり、悪魔であるメフィラス星人より地球を渡すよう迫られるわけです。

1926年にドイツで作られた映画『ファウスト』では、悪魔メフィストフェレスをエミル・ヤニングスが演じていますが、この容姿がメフィラス星人のモチーフになったものと思われます。髪型や尖った耳、立った襟の服などよく酷似しています。

http://www.k5.dion.ne.jp/~frankaz/movie/movie/faust.html
原子科学双六さんのところで、多々良島の地底を支配する巨獣の原型がお披露目されています。
前作のネロンガやガボラのような四肢になるのかと想像していましたが、期待を裏切られたのが、かえって嬉しい感じです。成田氏のデザイン画のイメージも盛り込まれたかのような造形で、これは楽しみ! 漆黒に塗られた姿も早く見たいものです。

http://www.ric-toy.ne.jp/blog/index.php?UID=1180078234
ここ最近は休日出勤や遅い帰宅時間のせいもあって、ブログもなかなか更新できていませんが、帰宅後は食事や入浴を済ませた後は、ボォ~っとセブンのDVDを観て過ごしています。

今年がオンエアから40年目を迎える「セブン・メモリアル・イヤー」だから、という理由で観始めたわけではないのですが、つい最近もソガ隊員役だった阿知波信介氏の訃報というショッキングなニュースが飛び込んできたりして、あらためて「必殺の0.1秒」や「ひとりぼっちの地球人」などを観かえしたりと…。

これまで何度も観かえしてきましたが、当時は難解で理解できなかった制作サイドの主張が、あらためて認識できたりと気がつくことばかりです。ウルトラ作品の中でも、この「ウルトラセブン」がオールドファンのみならず、年代を問わず熱烈なセブンファンが多いのもうなずけます。
ただ私自身、相変わらず宇宙人や怪獣ばかりを凝視する見方が変わっていないのが悲しいですが…。

26016077.jpg
少年リックHPに新コンテンツでしょうか、ブログも始められたようですね。
テレビ画面の最後に「新番組 路地裏の散歩者」というのがあります。
早速、ご挨拶してきましたが(笑)…。

「少年リック直巻」のブログ版になるのでしょうか。
新商品の原型段階での紹介なども楽しみなところです。

http://www.ric-toy.ne.jp/blog/
って、一平の声が聞こえてきそうで…。
5010201.jpg

安友さんのブログで最新情報がアップされておりますが、
『星川航空帽』が、いよいよ予約開始になったようです。

http://ultrafight.exblog.jp/6846126

「生産数量の都合により早期に予約を締め切る可能性もありますのでご購入を検討されておられる方はお早目のご予約をお勧めいたします」とのことです。
少年リックでは、この週明けから受け付け開始のもようで、こちらも要チェックです。

まさかこの帽子が商品化されるとは思ってもみませんでした。
私的にはここ数年間の中ではいちばんのサプライズでして、待ち遠しい逸品です。
リックHPにてジュランが予約開始になりました。もちろんここまできて止めるわけにもいかず、商品紹介コメントにもあるようにQコンプリに王手をかけさせていただきました。「リーチ!」です。
当然のごとく早速モノクロを予約させていただきました。

トドラから始まった限定版も、いろいろあって生産数も格段に落ち、そのぶん価格に跳ね返ったわけですが、振り返ればよく続いたものですね~。
Qシリーズも買い始めた頃は、メジャーどころを含め10体ほど出て終わるのかなぁ、などと思っていたんですが、まさかまさか、あれよあれよの勢いで怪獣は出揃いました。ソフビでウルトラQの怪獣が全てリリースされたのは(リトラがまだですが)、快挙といっていいでしょう。今後、これだけのことをするメーカーは現れないでしょうね。よくぞやったと評価しております。

リックさん、あとひとつです。頑張ってください。「リーチです!」

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。