1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18136315.jpg 18136316.jpg

「アールアイシーサマ、ボスタング、モウスコシオヤスクナリマセンカ?」

リアルタイプ怪獣ソフビ史に、55cmガラモンと共にこのエイも、ある意味名を残すことになるんでしょうか。思いの丈はメールするつもりです。でもモノクロもあの値段だと思うとよけい高く感じます。
スポンサーサイト
RICの会員向け会報が届きました。この会報もここしばらくはご無沙汰だったんですが、「祝!復活感謝号」と題してひさびさの発行になりました。

以前、ホビーネットさんとこの予約商品頁でボスタングが「発売中止」となっていて、いったいどうしたものかと心配していたんですが、この会報にて驚くべき詳細がわかりました。
その衝撃の内容は、ボスタングのリリース告知を行い各販売店より注文予約をとったところ、あまりにも発注数が少なく、RICのみの発売となる模様です。まあ、Q怪獣コンプーリートに向け発売されるようで、まずはひと安心と言ったところなんですが…、

しか~し、少ロット(たぶん、100~300体だそうで)での生産になるため価格はなんと!、12,800円予定だそうです。20cmサイズのソフビが…、海から水しぶき揚げて飛び出したエイが…、いちまんにせんはっぴゃくえんです!…って、 ど~ですか、お客さん?
正直、言葉を失っております。このぶんじゃ、リトラもジュランも同じことなんでしょうね。

「会員しか買わないなら、腹這いパゴスを付けてくれ!」
さて、これは「ウルトラ怪獣名鑑シリーズ」の最後のシークレットとなった「再生ピグモン」です。

18136311.jpg

などと軽いボケをかましつつ、失礼いたしました。
余分をお持ちのかたは、ぜひ「2個イチ」でお楽しみください。これも名鑑コレクションに加えてやってください。けして「シークレットだ!」などと自慢なさらぬように。

さてさて、この第37話「小さな英雄」では、台本ではゴモラとレッドキングが大岩山で再生怪獣として復活する予定でした。ところがゴモラはすでにザラガスに姿を変え、レッドキングはアトラクション巡業で出払っており、けっきょくドラコとテレスドンになったということです。
劇中、ドラコはレッドキングが乗り移ったかのような暴れっぷりでしたが、三たび登場のレッドキングというのも見てみたかったような…。(まあ、ツノなんかつけて出てきたらガッカリですが)
年末発売予定のウルトラパノラマファイトにはゴモラ対レッドキングもラインナップされてるようで、「夢の大岩山の決戦」といったところでしょうか。
今日、嫁が外出ついでにコンビニに寄って2個買ってきてくれました。ちなみにサンクスだったそうです。今回は、ちゃんと紙にタイトルを書いて渡しましたから、コンビニから電話かけてくることもなく無事見つけてこれたようです。
さらに驚くことに、開封して見たところペギラとツインテール(普通塗装)でして、バラ置きしてあった中から4個混入されているシークレット(笑)のうち、2個をつまんでくるという快挙でした。いい引きしてる!

18136307.jpg 18136308.jpg

欲を言えばツインテールよりバルタン星人が欲しかったのですが、このツインテールも本当によく出来てまして気に入りました。ツインテールは帰りマンでは数少ない高山氏の造型ということもあり、好きな怪獣でもあります。
「首を絞めながら足に噛みつき」の二箇所攻め!(「責め」じゃないですよ~、笑)、ツインテールと帰りマンのカラミといえばこれしかないでしょう。ムチからつづく流れるようなフォルムが美しいですねぇ。どの方向から見てもキマってます。

今回の「戯画2」ですが10個入りの1箱を買えばシークレットを含むコンプリが出来るとあって、へんに混入率の低いシークレットで煽られるよりは、よっぽど体にいい!のではないかと素直に思っています。名鑑に比べればベースも重厚に大きくなり、造型も格段にアップしているように思います。
「まさに、大きなお友達の手のひらサイズのジオラマや~」でしょうか?
社内でも、自分の周りに風邪をひいてる人が多くて、しっかり風邪戴きました。
ハァ…、頭が重いです。仕事中もボーっとしてます。
上司は特に「自己管理」については厳しい人で、朝礼では口うるさく言います。
「自己管理を徹底して、風邪をひかないようにしろ!周りに迷惑をかけるな!」
「緊張感が足りないから、風邪なんかひくんだ!気を引き締めろ!」だそうです。

つねに緊張感いっぱいにアンテナ張り巡らしてますよ~、
こと怪獣フィギュアや食玩に関しては…、ということで。

☆こちらのコンビニでは「ウルトラ怪獣戯画 ウルトラ兄弟激闘史2」は、まだ並んでいません。あちこちコンビニ覗いてますが未だ発見出来ずです。こちらでは前回はファミマが早く入荷してたんですけどねぇ。とりあえずはバルタン星人とペギラが欲しいのですが…。
これ、全9種の内、ノーマルが5種でシークレットが4種なんでしょうか?グドンとツインテールは夕陽バージョンがノーマルで、普通の塗装がシークレット扱いとか、なんか変な内容になってますね。ペギラもベースを代えて南極編と東京編を入れるとか、してくるかと思ったんですがさすがにそれは無かったか(笑)。

☆ホビーネットさんとこで検索してましたら、アートワークスコレクションは「東宝怪獣Part2」が予定されてるようで、「ゴジラの逆襲」よりゴジラ対アンギラスです。来年2月下旬予定です。ベースの工場がなかなかいいですね~、二つくっつけると迫力満点!。でも、また何で「ゴジラの逆襲」なんでしょう?シブイなぁ!
18136303.jpg 18136305.jpg

「多々良島の怪獣王」買ってきました。やっぱ、日曜のザらスは混んでます~。
レッドキング、アボラス共に2個づつ残っていたんですが、とりあえずアボラスはスルーしました。レッドキングはよく見比べると、とくに歯の塗装が気になって、きれいに塗られているほうを選びました。

前に雑誌やサイトで見た写真よりも造型、塗装ともに感じていたよりは好印象でした。X-PLUSの怪獣はマットな暗めの塗装は通例みたいなもので、いたしかたないでしょう(笑)。
頭部をはじめ各部のバランス、尻尾のうねり具合やボリューム感などいい感じで、これまでリリースされたマンのシリーズの中でも十分に動きを感じさせる造型になっていると思います。ゴモラもこのレベルで出てくれると嬉しいんですが(笑)。

18136302.jpg 18136304.jpg

お約束の1枚です(笑)。とりあえず、すぐにやりたかったのがチャンドラーの翼をもぎとったシーンでして、記念にパチリと!

可動部分が多いわりにはポーズはそれほど変化がつけれません。足の付け根(股部分)や足首や尻尾などは隙間が目立たないようなモールド分割がなされています。これなら下半身は固定ポーズでもよかったのではと思います。その分、岩石やそれをつかめる手首がついていたほうが楽しめたかも、と。
さて、当然次はマグラ、ピグモンの登場に多いに期待してしまうところです。楽しみに待つことにします(笑)。
中古ショップにて、8年くらい前に発売されたガシャポンHG「ゴジラ4」に入っていた「メカゴジラ74」を見つけました。
当時買い逃していまして、あれば欲しいなと思っていたところ運よく巡り会えたわけですが、実物を見て驚きました。なんでこんなに小さいんでしょ?
最初見つけたときは100円の食玩かと思いました。でもミニブックも付いてるし…、やっぱりあのメカゴジラだ!ひぇぇ~。造型はまずまずなんですが、なんでこんな小さいんでしょ!?

18136300.jpg 18136301.jpg

「ゴジラ6」のミニラやキンゴジは当時としてはスタンダードな大きさで、これらと並べても見劣りしてしまうサイズです。最近のHGは以前に比べるとボリュームもアップされ大きくなってきているようです。なかでもこのヒドラは大きなほうで、これと同じ値段とは思えませんね。
まあ、欲しかったので連れて帰ってきましたが、ゴジラ全集のゴジラ対メカゴジラの遠景モデルとして飾ってみます。
気がつけば99号ということで、毎号大満足の内容でいつもお世話になってます。

☆名鑑ウルトラパノラマファイト
ついに夢の対決の写真が載りましたね。私的にはパスなんですが、バラ買いします(笑)。ウルトラマンのポーズはジラースやレッドキング、ゴモラ、バルタン星人と組み合わせもできそうな感じですが、どうでしょう。

☆アイ・スクリーム
55cmガラモン、ソフビサンプル画像でしたね。ホビージャパンにも大きな写真で記事が載っていました。ただならぬ雰囲気を醸しだしております。実物が見てみたいです。第2弾のパゴス原型ですが、全身写真をみるかぎり四肢が大きいですね(腕の太さが気になります)。胴体もボリューム不足のような。ガラモンと同じ原型師さんなのか?。

☆アルティメットモンスターズ
キングジョー、いいですね。縫いぐるみを意識した造型です。腕を挙げたときににできるシワやたるみ具合なんかは良く出来てます(とくに左腕)。このスケールでキングジョーの腕をこのように造型したものは初めてではないでしょうか。ゴモラも楽しみです。価格がネックですがこれは欲しいです。

☆怪獣戯画、アートワークス、X-PLUSと今月から来月とたくさんリリースされるようで資金のほうも悩みのタネです。コナミの大魔神もいいなぁ…。ゴジラのネクタイかぁ…。
18136296.jpg

gomora23 さんに教えていただきました、トミカの10月の新車「自衛隊 軽装甲機動車」です。ついにこの手のものがラインナップに加わったんですね、嬉しい!
たしか何年か前にもトミカの自衛隊の車輌を買ったなと思い出し、段ボール箱の中を探しましたら出てきました、トミカミュージアムシリーズの緊急車館「自衛隊救急車」です。30cmサイズの怪獣と並べてもスケールは合わないんですが、雰囲気は充分楽しめますね。これからも自衛隊車輌がリリースされることを願います。指令車でませんか?欲しいです。

18136297.jpg

軽装甲機動車は予想以上の出来でカッコイイですね。前部左右ドアが開きます。これ、箱のイラスト見たらカッコよかったんで、3個ほど買おうかと思ったんですが、「中身を見てから」と思い1個だけつまんできました。やっぱりもう2個買います(笑)。
既出のパネルトラックやタンクローリーなんかも濃緑色に塗って、自衛隊の機材車や給水車としても楽しめますね。あ、ボンネットタイプのトラックもいいですね、昭和っぽくて。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。