1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「地底怪獣」という、心地よい響きのサブネームは、なんともいえぬどっしり構えた感があって味わいが深いです。「○○怪獣」たくさんあれど、これこそが怪獣の王道?ではないかと思います。初期ウルトラ作品で地底をテリトリーとした怪獣ではゴメス、モングラー、パゴス、ネロンガ、マグラ、ガボラ、ケムラー、テレスドン、ゴモラ、ゴルドン、ギラドラスなどが登場しました。

中でもパゴス、ネロンガ、マグラ、ガボラが、バラゴンを改造した同一の縫いぐるみを使ったことは周知の事実です。この4体こそが、まさに地底怪獣の鑑(かがみ)のような存在のグループであることは誰もが認めるところではないでしょうか。そこでウルトラの地底怪獣を飾った「バラゴン・スーツバリェーション」の縫いぐるみ改造の変遷について、備忘録ついでに。

①1965年の4~6月。東宝映画『フランケンシュタイン対地底怪獣』のためにバラゴンの縫いぐるみが作られ撮影が進められました。バラゴンの造型は利光貞三氏をはじめとする東宝特美スタッフ。劇場公開は7月。
昔、このバラゴンとモスゴジが円谷プロに貸し出された経緯(パゴスとゴメスに改造)もあることから、「縫いぐるみ2体説」がまことしやかに囁かれたましたが、当時のスタッフの証言から、実際は[予算、時間、人手]の関係で、どちらも1体だけだったというのが真実です。

②同年8月。バラゴンは首を東宝内で切って、体だけ円谷プロに貸し出され『ウルトラQ』のパゴスに改造されます。造型は高山良策氏。バラゴンを返すことが前提だったため、高山氏はボディを切り貼りの作業から守るため、ウレタンのアンコをかませ、布で体を包んでその上からモデリングをはじめました。オリジナルへの損傷を抑えた結果、パゴスは腿が体に潜ってしまい、外に出たところが細く痩せて見えます。しかし、布のたるみがシワとなって表れ、いい効果をだしています。
9月に第18話「虹の卵」の撮影を終えたパゴスは、11月に「ガラモンの逆襲」の東京タワーのセットで撮影会(ウルトラQは怪獣の世界)に使用されます。

③翌66年3~4月。パゴスは東宝へは返さず、『ウルトラマン』のネロンガに改造されます。造型は佐々木明氏。パゴスの体に、新たに新造された頭部がつけられました。多段状の背ビレの中央に、下半身に向けて縦の背ビレがついています。第2話「科特隊出撃せよ」の撮影は5月頃。

④同年6月。ネロンガは頭部の触覚、背中の縦の背ビレが外され、頭から尻尾の先まで全身に無数のウレタンブロックのトゲを貼り付け、真っ黒に塗装したマグラに改造されます。造型は佐々木明氏。一見ネロンガからの改造とはわからないほどの造型がなされています。第8話「怪獣無法地帯」の撮影は6月頃。

⑤同年7月。マグラの鼻先のツノとウレタンブロックのトゲを外され、首部分に開閉式のヒレ(フェイスガード)を付けたガボラに改造されます。造型は佐々木明氏。マグラの黒地がシルバーグレイのガボラの地肌や牙に残っているのが確認できます。このヒレを閉じた状態で地中から登場し、四足歩行する様は実にカッコイイ! 第9話「電光石火作戦」の撮影は7月頃。本編企画当初は、パゴスが再登場するはずでしたが、すでにパゴスは存在していませんでした。

⑥同年8月。ガボラはふたたびネロンガに改造されます。この時、鼻先のツノの位置がいいかげんな所につけられたのがちょっと悲しいです。9月撮影のドラマ「泣いてたまるか」にゲスト出演したあと、このネロンガは遊園地のアトラクション巡業に使われます。

⑦そして、68年の東宝映画「怪獣総進撃」でネロンガはふたたびバラゴンにもどされ登場します。このとき劇中のアナウンサーの台詞に「地底怪獣が凱旋門を…」という場面で、画面に登場したのはバラゴンではなく、ゴロザウルスでした。
これは一説では、バラゴンの大きな耳が仕掛けに引っ掛かるためといわれていますが、バラゴンにもどされる修復が間に合わなかったことも要因だったとされています。

さて、足掛け3年間のあいだに7回も改造されたバラゴンスーツですが、過酷な改造の連続に耐えたのは、バラゴンが保ちのいい丈夫な縫いぐるみだったのと、高山氏が体表を一枚くるんだためでした。
そしてこれらの怪獣が人気を博しているのは、成田氏のそのデザインの秀逸さにあります。マグラでは隠されましたが、バラゴンの背中の連続する多段状のヒレの美しさを残しつつ、最大限に利用し、それとは思わせない頭部造型によるアレンジは、まさにウルトラの地底怪獣として登場してくれました。
ありがとう、お疲れさまでした。
スポンサーサイト
昨日、知人から聞いたのですが、原油価格の影響でしょうが、ついにタミヤ模型のキットが一部値上げしたそうです。知人が趣味にしているカーモデルでは、大体が25%くらいの値上げになったようで、再販ものでは40%~50%値上げのものもあるとのこと。
まだまだこれが値上げ第1弾ということのようで、この先どのくらい値上げされてしまうのかたいへん心配していました。タミヤにつづき、他社メーカーの追随の動きもあるでしょうしね。

こりゃあ、プラモデルにつづいてソフビ製品(怪獣)の価格アップが心配ですが、今以上に選択幅を狭めた買い方を余儀なくされそうです。
18136268.jpg

ビデオを観ていた頃はぜんぜん気づかなかったんですが、DVDを観るようになって発見したことのひとつに…。

ウルトラQの第2話「五郎とゴロー」の中で、イーリアン島に行っている由利ちゃんが、星川航空宛てに送ったエアメールの宛先が「Mr JUN BANJOME」になっています。

もう、ずぅ~っと万城目は「まんじょうめ」だと思っていたんですが、「ばんじょうめ」だったんですか!! 由利ちゃんが書いてるんですから、そうなんでしょうか?
でも、一の谷博士はハッキリ「まんじょうめくん!」と呼んでますが…。
ついに置き去りにされていた残り3つが動き始めたようです。ボスタング、ジュラン、リトラの各カラー、モノクロが発売予定になりました。
この3つで怪獣は完結ということで、ラルゲユウスとバルンガ発売後はしつこくリクエストメールをしておりましたが、やっと実現しそうな感じです。よかった!
あとはエピソードとしてリリー、巨人、モルフォ蝶、1/8由利子、小田急ロマンスカーが欲しいところですが、さすがにこれは無理でしょうね。

gomora23 さんより情報をいただきまして知った次第ですが、RICのHPがこのほど再開したようです。まだプレオープンのようですが現行商品と発売予定商品の紹介だけになっていますが、これからまた目が離せませんね。
楽天ショップのお買い物サイトになって以降、前RICのHPのブックマーク削除してましたが、ここ1週間前くらいにリニューアルオープンしたようで、まったくノーマークでした。

気になる新商品ですが、今年発売予定のウルトラマン編よりラゴン、レッドキング、レッドキング二代目、バニラ、アボラスの大きな画像が見れます。そして、今後の発売予定は、ゴモラ、テレスドンと期待膨らむ面々が…。ピグモンもはやく出して!

http://www.ric-toy.ne.jp/top.html
仕事が忙しくブログのほうもなかなか書けないでいます。メビウス劇場版が公開されたようですが、今月はもう休みも無くて観に行けそうもありません。

今年は、1966年(昭和41年)からちょうど40年目にあたります。この1966年の1月放映が「ウルトラQ」、7月放映が「ウルトラマン」ということで、円谷プロ作品の原点でもあるこの二作品の誕生40周年です。

モノクロ作品の「ウルトラQ」は、放映前の足掛け2年に亘り暗中模索のなか制作されていたので、「ウルトラマン」に比べて古くさい感は否めません。しかし今もって「ウルトラQ」を超えるTV作品が近年の技術を持ってしても作られません。
これは、人材や技術だけでなく、背景に「昭和」という熱い時代性が多いに関係しているのではないかと思います。このブログを始めてから何度もウルトラQのDVDを見返していますが、強く感じています。

さあ、さて来年は「ウルトラセブン誕生40周年」ということになりますが(笑)、このまま盛り上がりは続くのでしょうか…。
18181819.jpg

周知のように、ザラブ星人はフジ隊員に化けてアラシをあざむき、さらにはウルトラマンに化けて汚名を着せようとしました。
当初、金城氏はウルトラマンの偽者の登場には反対でしたが、野長瀬監督がこれを押し切ったということです。もともと時代劇では、忍者が「顔盗み」という技で化けるパターンがありまして、これを取り入れたということになります。そしてこれが後に続くシリーズ(セブン、ダイナ、アグル、ガイア)にも受け継がれていくことになります。

この「にせウルトラマン」は、マスクがBタイプの改造(目が吊りあがり、頭部とアゴが尖っている)で、体がAタイプスーツの流用(胸と腰の赤いラインの端に黒いラインが入れられた)でした。
子供の目で見ても明らかに偽者とわかるその容姿は、実に悪のウルトラマンしていてカッコよく映りました。あえて「偽者です」と言わんばかりの完全コピーしてないところがいいですねぇ、主張してます。

「にせウルトラマン」は、初代ウルトラマン造型において便宜上分けられるA・B・Cの3タイプの他に、第4のスーツと呼んでいいのでは?(バリエーションではありませんが)と…。にせウルトラマンが大好きです!。
そして優柔不断な私は、まだ「飛行タイプにせマン」購入を迷っています。
こちらのザらスでもやっと店頭に並びました。アートワークスの東宝編ということで、そのラインナップも私的にはミレゴジ以外は全て琴線に触れるものばかりです。
最初は彩色版だけを狙ってバラ買いしようかと思っていたのですが、ちょうど未開封の1ケースもあったので、アートワークスでは初めて箱買いしました。ちなみに手前4つが彩色版でした。

18136263.jpg 18136264.jpg

これは「三大怪獣地球最大の決戦」でのキングギドラの出現シーンのイラストを立体化したものです。
隕石の中から炎の奔流となって飛び出し、黄金の三つ首竜へと実体化する場面で、劇中においてもこのギドラの鮮烈なデビューシーンはインパクトがあります。
「天空で爆発を繰り返しながら、炎の形態がアニメに変わりギドラ登場」というシーンですので、ギドラの背中は爆炎として造型してあるようです。
少し首が短いかなと思ったんですが、これは炎に包まれた胴体が膨れているせいで、首が短く見えるだけですね。頭部はほんとうによく似てますね。まさかこのイラストが立体化されるとは思いませんでした。

18136265.jpg 18136266.jpg

「ガイラ対メーサー車」そして「フラバラ」と、どちらも迫力あるシーンの再現ですが、造型も彩色もこのサイズで「よくぞここまで」という素晴らしい出来です。イラストの構図が良いせいなんでしょうが、2D→3Dと移っても、どの角度から見ても絵になりますねぇ。メーサー車しかり、バラゴンの口内といい!手の込んだ造型です。フランケンはもうオッケーなんですかね?今後が楽しみです。

わたし、「黒部峡谷」とか「谷川岳」とか「白根山」なんて耳にしたら、すぐにこれらのシーンが頭に出てきます。とくに「銀色の殺獣機」が放つ光線が、木々をなぎ倒し波うち走るさまはほんとうに美しいです。ワクワクします。
さて「怪獣無法地帯」に登場するこの漆黒の怪獣ですが…、

現在、円谷プロでの正式な統一表記は、フィルムのテロップ(クレジット)や台本どおりの「マグラー」になっています。
しかし、いま40代の世代(当時の怪獣少年たち)だと「マグラ」と呼ぶかたが多いのではないでしょうか。66年の怪獣ブームのときの雑誌や怪獣図鑑やフォノシートは、どれをとっても「マグラー」は「マグラ」となっていました。

「怪獣無法地帯」で、この怪獣の名前がいっさい台詞に出てこなかったため、私なんかはフォノシートから聞こえる「マグラ」をそのまま頭にインプットしておりました。そして67年公開の東宝配給映画『長編怪獣映画ウルトラマン』の宣材(ポスターやパンフ)の表記にも「マグラ」と使われていたため、なんの疑いもなく「マグラ」と思い続けています。私的に「マグラー」は違和感があります(笑)。


>定静さん
ちなみに、手持ちのムック本を取り出して調べてみたところ、80年代から93年くらいまでに出版されたものは「マグラ」表記になっています。これ以降は「マグラー」ですね。
やっとこちらのサンクスにも並び始めました。
会社の帰りに2軒覗いてみましたが、どちらも箱から出して並べてあったので、重いの選びながら3個買ってみました。
結果は、ピグモン、マグラー、ギガスでした。もうひとつ欲しかったピグモンも出たことだし、これでやめときます。しかし、マグラーとギガスもいいですね~。HGよりもいい出来です。

この3つ眺めていて思うのは、相方たちのことで…。つくづく単体で出してほしかったなぁ、と。
いっしょに並べていても、なんかしっくりきませんね。どちらもレッドキングは小さいし、チャンドラーもドラコも大きいサイズで欲しかったですね。対決シーンはベース合体で完成、という手もあったと思うのですが…。バニラとアボラスなんかも残念でなりません。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。