1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
箱買いしたのが届きました。
なんと、シークレットが入っていました。ど真ん中に!
巨大フジ隊員Bでしたが、かわりにメフィラス星人がいません。

18136260.jpg 18136261.jpg

サブタイトルを「禁じられた言葉編」とつけていいくらいの内容になっていますが、このビル街をもうひと工夫できなかったものかと思います。同じベースで差し替えというのも、ちょっと味気ないですね。

18136262.jpg

名鑑ファイナル、いちばんの目玉はこのピグモンではないでしょうか。このサイズとしてはほんとうによく出来ています。表情、体形ともピグモンしてます。以前のシークレットのガラモンが見劣りするほどの出来ですね。
ギガスのプロポーション、いいですね~。塗装もいい感じです。これすごく気に入りました。マグラーもベースタイトル側より背面側のほうがよく似てる。

ちなみに配置はこうでした。
     うしろ
ピグモン      ギガス
マグラー      バルタン三代目
巨大フジ隊員B  ゼットン
ガヴァドンB    ザラブ二代目
ザラブ星人    ケムール人(Ⅱ)
      前
スポンサーサイト
18136239.jpg

18136241.jpg

「深海の一角獣」ことグビラです。グビラは有名怪獣でないためか、あまりマニア本等でも多く語られませんが、縫いぐるみは非常に大きく量感のあるフォルムになっています。
なんといっても魅力は鼻先のドリルと体色の美しさでしょう。熱帯魚がモチーフになっているのでしょうか、黄色と黒という組み合わせの派手目なカラーはインパクトがあります。ちなみに模様はシンメトリーではありません。

18136240.jpg 18136237.jpg

発売以前にリックのHPで見た画像では、少し体長が短いかなぁ、と感じたのですが、この上からの写真でお分かりのように、頭部は左に傾いています。よってあの左側面を撮った画像では、やや寸詰まりに見えてしまったということで、実物はというとそれほど短くもなくちょうどいいサイズでバランスもいいと思います。頭部の傾きと前足との可動で動きのあるポーズがつけれそうです。
口も下顎が可動で少し開いて表情がつけられますが、ただドリルが気持ち短いのと、後ろ足の黒のドット模様が省略されているのが残念です。
後ろ足で立たせてみようと、あれこれ角度を変えて試みましたが、尻尾は固定で頭部が重くバランスが悪く立ちませんでした。

シーボーズがもういません。最後のグビラを抱えたときにギガスと目が合ってしまいました。ご、ごめん…。
こちらにあります円谷プロ直営店「ウルトラマンスタジアム」に行ってきました。小さな遊園地の中にありまして、怪獣アトラクションや円谷ショップがあります。
親戚が来ていたので、子供たちを連れて遊びに行ってきました。私としては2年ぶりの探訪(笑)で、何かおもしろいものでも置いてないかなと楽しみにしていました。前回はメトロン星人、ペガッサ星人のアトラクションスーツ、実際に使用された隊員服などが展示してあったのですが、今回いきなり目に飛び込んできたのがこれ!

18136253.jpg

「おっ!多々良島か!」と思いきや、
怪獣王の横にいるのはチャンドラーではなく、「氷魔神」ペギラでした。

18136258.jpg 18136255.jpg

この2体はアトラクスーツではなく、2m強を越すFRP製のもの。
怪獣王の頭部は生々しい造型で迫力満点!、マックス版を意識したものでしょうか?。氷魔神の翼の羽根のディティールも細かい造型で、これまた平成版ペギラと呼びたいくらいです。この2体をバックに写真を撮る子供たちもかなりビビッてました。

18136259.jpg

これはアトラクスーツの怪獣です。すいません、名前わかりません(笑)
ほんとによく出来てて驚きました。撮影用スーツかと思いました。

18136252.jpg

最後、出口付近に立ってた「ハワイの若大将」です。
CD「ウクレレウルトラマン」をアピールしておりました。ウルトラの曲をウクレレでコラボというのもおもしろいですね。なかなかいいですね、買おうか迷いました。 今思えば買えばよかった。
18136251.jpg

ウルトラ怪獣名鑑ファイナルコンプリートエディションを予約するのを忘れてました。8月下旬発売予定でしたね、慌てて予約入れときました。

あらためてハイパーホビー8月号の写真を見ながら思ったのですが、これラインナップ全10種のうち新規造型が8個で、あと2個が再販(メフィラス星人、ゼットン)という内容。そしてさらにシークレットが2種(巨大フジ隊員AとB)です。
ということは、再販2種のどちらかの位置がシークレットと差し替えになるのでは?と。なんかゼットンの位置あたりが怪しいような気が…。

このゼットンは第2弾のときのシークレットで、再販とはいえ新たにクリアーパーツを使用しての登場ということで、ある意味これもシークレットみたいなもの。たとえフジ隊員が出ても、クリアー成型ゼットンも欲しくなりますね。うまいことできてるなぁ。
フジ隊員が2種というのも煽ってくれますが、大人買い1箱+バラ買い3個くらいでやめときます(笑)。
18136235.jpg

チャンドラー発売ということで、ザらスに行ってきました。アップされてた画像の印象よりは実物はすごくイイいです。やはり写真だけで判断してはいけませんね、サイドから見るラインは十分ペギラしてます。実物を見た第一印象で即購入を決めました。
チャンドラーは高山氏の手によりペギラの頭部に耳を付け、眉間から鼻先にかけてスジが通り、胸のモールドが増やされ、背中のトゲが大きく誇張されるなどの改造がされました。ついにQの看板怪獣がマンに登場です。

18136236.jpg 18136234.jpg

ペギラのときよりは縫いぐるみの型崩れが目につきますが、とくに足は保管で吊れていたときのクセがついていて、これをそのまま造型してあったり、下顎の型崩れなど細かい部分も造型してあったりで、これらも気に入った部分です。右の翼はレッドキングにもぎとられた状態のパーツとコンパチになっていますが、これが実によく出来ています。左に傾けられた頭部は、右の翼「有り・無し」どちらにも合うようなポーズづけになっています。さあ、この横に並べられるレッドキングにますます期待してしまいます。

以前、リックの原型師でもある柴田幸房氏がリックのHPで「チャンドラーはコウモリではないか?」と書かれていたのを読んで、なるほどと思いました。コウモリと言われ、すぐにペスターやイカルス星人の顔が思いつきますが、どちらも体形は別物です。頭部に付いた耳、両翼の鍵爪と、まさにチャンドラーのシルエットは多々良島の大コウモリ怪獣といえるような気がします。
明日はワンフェスですね。今夏こそは行きたかったんですがやはり仕事の都合がつかずだめでした。この前行ったのが前回のワールドカップの年でしたから02年ですか。たしか、怪獣無法地帯の村田さんのガラモンが見たくて…。今年は高垣さんのケムール人がいちばん気になります。足は指造形でしょうか?これなら欲しいのですが。

18136233.jpg

雑誌の切り抜きを溜めてたファイルの中から懐かしいものを見つけました。第2回ワンフェスのパンフで、85年夏ですね。
たしか第1回ワンフェスのことを「宇宙船」で知り、次はぜひ!ということで初めて行ったワンフェスでした。このころはまだゼネプロが主催していて、会場は浜松町の都立産業貿易センターの大会議室でした。
このパンフを見てみると出店団体は模型店・専門店が33店でアマチュアディラーが36店になっています。今と比べるとほんとにささやかな規模ですが、怪獣造型全盛期のころでしたのでほんとうに楽しかったです。ボークスのOHのキングギドラが天井から吊られてディスプレイされていて、これには驚きました。
以前、190さんより教えていただいたバンダイの「ウルトラ怪獣シリーズ」の、ゴメスとペギラをなんとか捕獲できました。
2年前にザらスでケムール人を見つけ買ったのですが、この3体は2000年に発売され、すでにゴメスは絶版とのこと。知りませんでした!
ちょうど99年から01年にかけてハードな日々を送っていた時でして、一年中出張で飛び回っておりまして、ホビー誌すら読んでいませんでした。空白の3年です(コンビニで、こまめに食玩はチェックしてましたが)。

マンの怪獣をはじめ、この新造形の怪獣たちはいいですねぇ~。なんか新鮮な感じがします(笑)。レッドキング、ゴモラ、ペスターなどはほんとに良い出来で、Qの怪獣も続けて出してほしいものです。ホビー誌のリクエストで上位に入らないとだめでしょうか…。子供の頃欲しかった怪獣たちはまさにこれです。(でも、買ってもらえなかっただろうなぁ)

18136231.jpg 18136232.jpg
18136230.jpg

今月初めにオープンしました大型書店に行ってきました。
床面積でも県内一ということで、どこに何が置いてあるのか惑うばかりで、広いフロアをキョロキョロするばかりでしたが…。専門書エリアにてこれを発見、買って帰ってきました。

現在、川崎市の岡本太郎美術館にて開催されています「ウルトラマン伝説展」の図録です。パンフレットというにはなかなか中身も濃く、マニア向けムック本並みの内容です。高山氏関連はじめ、初めて見る写真も何点かあって、読み物も興味の惹かれるものばかりでした。あ~、この「伝説展」行ってみたい!
チェックし忘れてましたが、すでに大怪獣シリーズ・ウルトラマン編よりチャンドラー、ラゴン、初代レッドキングがアップされていますね。
3体とも8月17日よりオンライン通販の受け付け開始です。チャンドラーのみ19日より店舗に並びます。

画像を見ての印象ですが、
チャンドラーは、やや首を傾け睨みの効いた目は男前的な感じです。ペギラを感じさせないのが逆に残念。「右の翼はぶっちぎられた状態」とコンパチで遊べますね。
ラゴンは、正面からの画像ではやや頭が大きいような感じ。一概に判断できませんが全体のバランスは良さそうな気もします。原子爆弾付きはうれしい。
初代レッドキングは、やはり可動部分(首、腕、足)が不満で、今後のアボラスや2代目レッドキングと流用されるであろうボディと首はバランスが悪いです。「怪獣無法地帯」を揃えようか、悩むところです。
塗装も映像に近いものを、と期待していますが…
たしかもうひとつゾフィのフィギュアがあったな、と物置の段ボール箱の中からひっぱりだしてきました。7、8年くらい前にゲーセンで捕獲したゾフィです。

18136228.jpg 18136229.jpg

これ、右手にベーターカプセルを握ってます。命を2つ持ってきてマンとハヤタに渡し、引き換えにハヤタからベーターカプセルを返してもらったシーンになるのでしょうか?
HDで立体化されたようにゾフィといえば顔をやや傾け、左手を顔のあたりまで挙げ、マンに話し掛けるポーズがすぐ頭に浮かびます。過去にゾフィのフィギュアも何体か出ましたが、このポーズは珍しいですね。
ということでgomora23さん、ベーターカプセルはゾフィが回収していったようです。
のような気がします。
18136227.jpg 18136226.jpg

こちらのコンビにでもそろそろHDウルトラマンが棚から消え始めHD仮面ライダー2に場所を譲ろうとしていますが、今日立ち寄った店で1個残っていたのを見つけ即購入。おお~っ、ゾフィでした。
今回のラインナップの中でいちばん欲しかったのがこのゾフィでして、1/400のスケールとはいえ、他のウルトラヒーローもそうですが実に細かいディティールまで再現してあります。これまで出た中でもこのゾフィがいちばん気にいっています。

ついでに2個つまんだのがタカラの日本沈没。「陸自73式大型トラック」が欲しかったのですが、出たのは「空自輸送ヘリ」と「なつしま」でした。塗装済みミニプラモといった感じでこれも良く出来ていますが、ブラインド500円はやはりキツイですね。
空自輸送ヘリはエフトイズのヘリボーンコレクションのものとよく似ていますが、よ~く見比べてみると細かいパーツが違います。
まだ映画のほうは観ていないのですが、来週にでも行きたいなと思っています。
パラパラとななめ読みですが、気になったところだけ。

☆マーミット30cmリアルソフビ ペロリンガ星人
似てますね~、とくにサイドビューは凄くいい。ちゃんと右足の指も浮いてるし(笑)。通販限定です。
ウエストケンジの飛行タイプにせマン、目は塗装なんですかね。ちょっとがっかりです。ペロリンガのほうに心動いてます。

☆ウルトラ怪獣戯画2
第2弾のニュースが来ましたね。5種類のうち3種類の原型写真が紹介されてます。エースから2種、そしてマン(バルタンと対峙)です。何か、マンの右腕の脇のラインが変!
あと2種は何でしょ?次号にて発表だそうで、セブンと新マンからチョイスでしょうか。そしてシークレット(もちろんQでしょうが)も気になるところです。

☆開田裕治アートワークスコレクション4
(有)バイスの広告欄の写真ですが、やはりギドラとフラバラがいいですね~、これは欲しい。箱買いか?、で悩んでます。8月下旬発売予定。
ウルトラ怪獣名鑑ファイナルコンプリートエディションも8月下旬です。重なりますね、まいった!

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。