1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴジラスーツ改造のジラースについて

1965年(昭和40年)12月公開の『怪獣大戦争』で作られたゴジラ(大戦争ゴジ)は、翌66年12月公開の『南海の大決闘』のゴジラ(南海ゴジ)としてそのまま改造流用されました。
この2作品のちょうどあいだの65年5月に東京・上野赤札堂デパートにて開催された怪獣展に、大戦争ゴジの頭部と決戦ゴジ(元のモスゴジ)の胴体をつなぎ合わせたゴジラが展示されました。
そして8月にこの合体ゴジラに襟巻きをつけてウルトラマンのジラースが撮影されました。

さて、なぜこのような合体ゴジラが誕生したのでしょう? ゴメスから元に戻された決戦ゴジ、撮影の終わった大戦争ゴジ、この2体のどちらかをジラースに使えばよかったのに、わざわざ合体させたのはなぜでしょう?

理由としては、頭部は決戦ゴジより大戦争ゴジのほうが痛みも少なく、中のギミックも優れていること。胴体は、ジラースは水に浸かるシーンがあるため、次作品に流用が決まっていた大戦争ゴジよりも、古い縫いぐるみである決戦ゴジを使ったということです。いろいろと紆余曲折を経てジラースは誕生しました。

ジラースも撮影後は、頭部と胴体はそれぞれ大戦争ゴジと決戦ゴジに戻されます。大戦争ゴジは少し改造され南海ゴジに流用されます。決戦ゴジのほうも南海ゴジの水中撮影用の「海ゴジラ」として使用されることになります。

※「海ゴジラ」とは、水中撮影用のゴジラスーツのことです。水中撮影に使われた縫いぐるみは、乾かしてもなかなか水分は抜けず重くなります。しかし、海用にわざわざもう1体作る予算も時間もなかったので、前作のお古を使い回しすることになりました。
これはもう有名ですが『モスラ対ゴジラ』では、モスラ幼虫の繭攻撃に遭い、崖から海に落ちるシーンで海用としてキンゴジが使われています。
スポンサーサイト
ゴジラスーツ改造のゴメスのことですが、
1964年(昭和39年)4月公開の『モスラ対ゴジラ』で作られたゴジラ(モスゴジ)は、同年12月公開の『三大怪獣地球最大の決戦』のゴジラ(決戦ゴジ)としてそのまま使用されました。

悪役で恐怖の存在だったモスゴジが、今度は一転して地球側の味方になるため、新しく光彩の入った目玉に交換されたり、頭部に内臓された機械のメンテナンスなどで、微妙に頬のコブのラインが変わったり、頭の角度が違って直されたりしたため、決戦ゴジは睨みのきいたモスゴジとは印象の異なる優しめの顔になりました。
首から下はモスゴジのままですが、モスゴジ撮影後から半年以上ものあいだ倉庫に保管されていたわけで、モスゴジスーツ完成直後の写真と比べてみても縫いぐるみのたるみや型崩れは明らかで、決戦ゴジはモスゴジと区別する上でも別個体といっていいでしょう。

翌65年2月にこの決戦ゴジは東宝特美においてウルトラQのゴメスに大改造され円谷プロに貸し出されます。そしてゴメスは撮影後すぐに返却され決戦ゴジに戻されます。
マニア向けの書籍、ムック本等に「ゴメスはモスゴジの改造」とありますが、正確には「決戦ゴジの改造」ということになります。個人的にもモスゴジ~決戦ゴジ~ゴメスというラインは思い入れの深い大好きなゴジラでして、こだわってしまう部分でもあります。昔、「モスゴジのなれの果て」と書かれてあったのを読んだときはちょっと悲しかったです。
ウルトラQ編 第17弾 スダール

172501601.jpg

ミクロネシア群島のコンパス島近海に生息する大ダコです。Q怪獣としてはマイナーな部類に入る巨大なタコなんですが、東宝では「キングコング対ゴジラ」、「フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)」海外版用、「サンダ対ガイラ」にも登場するメジャーなタコです。
タコといえば海なんですが、「フラバラ」のみ湖より登場します。(富士五湖ということですが…、謎です)

大ダコの縫いぐるみは「フラバラ」→「スダール」→「サンガイ」と改造流用されており、Q本編の映像も東宝のフィルム抜き焼きが流用されています。スダールは設定では全長が100mあり、東宝の3作品に登場したものよりも大きいです。
ということで、単体で飾ってよし、雰囲気重視でビリケンのキンゴジ、コング、バラゴンと並べて飾ってよし、の使える大ダコです。まあこのサイズでタコがでたのは嬉しいのですが、さすがにこの四方八方と伸びる8本の足はスペースとりますね。ビオランテも似たようなものですが。

172501602.jpg

足パーツは4種類のポーズのものが各2本づつあり、1本のみ先端が人に巻きついたものと差し替えできるようになっています。吸盤もただ単調に並んでいるのでなく、サイズや角度を変え表情をつけておりたいへんよく出来ています。大怪獣シリーズの紹介の中でもいくつかのものに書きましたがこのリアルな大ダコのフィギュアというのも今後どこからも出ることはないでしょうね。貴重な大ダコになると思います。
172570725.jpg

ウルトラ怪獣名鑑セブン編プレミアムエディション、こちらでもやっとコンビニに並びました。
内容は過去に発売された中からチョイスしたものということですので、買おうか悩みましたが箱を見ていたら欲しくなってしまいました。これも出会いということで。
2個買ってみましたらグモンガとペロリンガでした。まあ、挨拶代わりでこれにて終了です。
このプレミアムエディションですが、台座のタイトル部分がこれまでのものとは違いカラーになっています。それもシールになっていて自分で貼らねばなりません。これもコストダウン策のひとつなのでしょうか。

グモンガと尻もちついた隊員の塗装は前回のものとほとんど変わりなしです。ペロリンガ星人のほうはレッドクリアー成型のものに体色模様が塗られており、雰囲気も変わりこれはなかなかおもしろいなと思います。
この「サイケ宇宙人」っていう肩書き見るたびに時代を感じます。「サイケデリック」、死語ですね。懐かしい…。
少年リックよりメールが来てました。
限定商品、緊急発売!エクスプラス製「ガラダマストラップ」だそうで。
内容は・・・「ウルトラQの人気怪獣「ガラモン」が乗ってきた隕石『ガラダマ』を
モチーフにしたストラップを発売します。
塗装は劇中のイメージを踏まえ、印象的な灼熱バーニングカラーで製作。
隕石は側面が開閉する形状になっており、好みに応じて小物やミニフィギュアを
入れて遊ぶことが出来ます。」・・・とのこと。
これって、以前限定発売されたのの色違い?

先週金曜日に風邪をひいてしまいました。前日との気温差15度、油断しました。
この冬、一度も風邪をひかなかったのに、ここにきて…。先週末に桜も満開になったというのに花見も行けず、鼻水たらたらです。皆様もお気をつけくださいませ。
もうひとつ続けてゴーガを。

172550182.jpg 172550184.jpg

RIC/X-PLUSのスタチューのゴーガです。30cmサイズで原型は高垣利信氏(おまんたワールド)です。
貝殻の突起形状から大サイズがモデルですが、貝殻部分に細かい線のモールドは入れず、貝殻表面のザラつきのみの造型になっています。発光したときはこのザラつきのほうが目立っています。私も貝殻はこちらのほうが好みです。
特筆すべきは首部分の逆アールを見事に造型されていることで、これをきちんと造型したものは、既出の小スケールのものばかりとはいえ、これまで無かったです。また首の腹部分の縦に薄っすら走る線もモールドされていてよく見ているなあと感心します。

172550112.jpg 172550111.jpg

ゴーガもペギラやガラモンと同じく当時の少年誌などに載ったカラー写真があります。首の背は茶系で腹は薄い飴色、貝殻は突起が焦げ茶であとはエンジっぽい色で濃淡かかっています。貝の口部分に付いている5枚の三角形の弁は、このゴーガでは黒で塗装してありますが、実物は貝殻の光沢の丸い部分と同じ色のようです。
貝殻の口の腹部分に「TAKA」と高垣氏のサインが入っています。

172550183.jpg
ベースですが、凄いことになってます。アスファルトが大きくひび割れ、ガタガタです。なかなかよく出来ていてこのベースもけっこう気に入っています。
ゴーガはいったいどうやって移動しているんでしょう?
このゴーガも思い入れのある好きな怪獣のひとつです。たしかこの回が放送されたときがちょうど梅雨時で、これまたタイミングよく学校で「かたつむり」の観察をしているときと重なったもので、もちろん我が班のかたつむりの名前は私の一言でゴーガに決定しました。

ウルトラQ編 第16弾 ゴーガ
172501501.jpg 172501505.jpg

いつ出してくるかと待ちに待ってたゴーガです。
ゴーガは「ガラモンの逆襲」と共にウルトラQ撮影最後の作品で東京のビル街を猛襲するというもので、同じビル街のセットで撮影されています。両怪獣とビル街などを見比べてみるのもおもしろいです。(こんなとこ一生懸命見てるの私だけでしょうか)

ゴーガは場面に合わせて使用するために大(1m)・中(80cm)・小(30cm)の3体が造型されていますが、このX-PLUSのゴーガは大サイズのものを参考に造型したものと思われます。一部ですが中サイズとの合わせ技も見受けられます。また、首に細かいシワが入っていますが妙にのっぺりしているように感じます。

172501504.jpg

大サイズと中サイズの違いは、目の脚部、貝殻部分の突起の大きさや表面モールド、ドリル部の螺旋段数などがあります。過去にガレージキットで立体化されたものは大サイズをモデルにしたものが多いですが、ボークスJrや特捜隊、怪無など15cmサイズのものばかりというのも寂しいです。
やはり人気のない怪獣なんでしょうか。X-PLUSのスタチューのゴーガが唯一30cmサイズですね。この大怪獣シリーズにゴーガがラインナップされてほんとうによかった。
やっとのことでファミマ、サンクスと並び始めました。
しかしどの店もバラバラに置いてあります。値札シールを貼りながら並べるのと、箱が大きいため棚に5個並ばないため2段に積み重ねて置いてあったりで、こりゃ参りました。
引きの強さを信じて、マンとセブンはダブってもいいかと、軽めの箱を選んでます。今日は3個買いましたがマン、セブン×2でした。
嫁にもコンビニで見かけたら買ってくるよう頼んでおいたのですが、箱まで見せてやったのに、勝手に「ウルトラマンギガ」という商品名だとおぼえたらしく、店員といっしょに食玩の棚を探したそうです。恐ろしいやつだ。
しかし、ちゃんと教えたとおり右奥を買って帰ってきたそうで、エースロボットが出ました。
よくやった、次はゴメスを引いてこい。

台座が大きいのでガシャポンを乗せても楽しめます。
172570730.jpg
行ってきました、ザらスです。
通勤の行き帰りにあちこちコンビニには寄っているんですが、まだどこにも入荷していません。
とにかく「ザらスに期待!」で仕事を終えて直行しました。

172570724.jpg

「ありました!」名鑑よりも大きな箱になって、棚に並んだ食玩群の中でもひときわ目立ちます。ただ、残念なのは残り6個です。あきらめ気分で軽いの2個と重いの1個を買いました。
車に戻って早速開封、結果は無法地帯と暗殺計画、それと四兄弟でした。まあ、とりあえず欲しかったマンとセブンはゲットできましたし一応満足。あとはコンビニ入荷を待ってシークレット狙いに専念してみます。深みにはまらぬ程度に(あ~怖い)。

台座は[PVC+ABS]になってどっしりと重厚感があります(名鑑の第1弾の頃がこれでしたね)。フィギュア単体のサイズは名鑑とさほど変わりませんが、名鑑の対決ものは他の単体に比べ小さかったので物足りなさはありました。価格も名鑑の倍になったぶんそれなりのボリュームアップといったところでしょうか。

たしか7年くらい前にバンダイから「特撮ギャラリー」という透明ケース付きのジオラマモデルがでてましたが(マンとセブンから名場面をチョイスして15点ほどリリースされ、価格も1200円だったかな)、やっとと言うか、ついにと言うか食玩でこれを超えるものが登場しましたね。
なんとか仕事は8時で終わって、ザらスに寄ってきました。
(会社から車で15分くらいのとこに、ザらスあります)
アートワークスコレクション2ありました~。

実は昨日、ザらスに行ったときにまだ棚には並んで無かったので、顔なじみになった店員さん(バイトの女子大生だそーです)に、「そろそろ発売のようですが…」と入荷状況を調べてもらったところ、「明日午前の便で入荷、夕方には棚に並びますよ」とのやさしい返事をもらっていました。(良い娘だなぁ~)

ところが!、手つかずの8個かと思いきや!、外箱から出した状態になってます。
これじゃ、「190さんに教えてもらった配列情報が使えないなぁ」と思いつつも、いちばん奥の2個をつまんでみると「あっ!」1個は重い。「やっぱり!…」配列変わってます。

閉店まぎわの閑散とした店内で、「たぶん、この4種の中でいちばん重いのはパワードだろう…、次がグドンとツインテールのカラミで…」などと順番に箱をつまんでカサカサ振っているオヤジが一人。とにかく軽いやつを4個選びました。

結果はカネゴンとキングジョーのカラーと象牙タイプで、満足して終了となりました。長い30分間でした。
172570720.jpg 172570721.jpg

もう、カネゴンは感激の出来で、あのイラストから抜け出たようです。
夕焼けをバックに、ガラクタのゴミの山にお座りしている姿はなんともかわいいです。ガラクタは実に細かいものまで作ってあって見ていて楽しいです。カネゴンの体表のシワもイラストどおりで、とくに頭部の出来はいいです。似てます。

172570723.jpg 172570722.jpg

馬乗りになってセブンの顔を抑えるキングジョー、苦痛の表情のセブン、この場面もかっこいいですね。国旗のポールも長さを変えてパースつけてますし、ミニジオラマですが十分迫力あります。
このシリーズも机上に飾るサイズとしてはこれが丁度良いんでしょうが、もう少し大きくてもいいかなと思いますが…。
172510314.jpg
このキーラとサイゴですが2月にザらスオンラインにて各1000円という特価にて購入いたしました。在庫処分特価ということでしょうか。ちょっと寂しい現状ですがこちらの店舗のほうではカラー、モノクロがまだたくさん積まれています。他社でもリアルソフビ怪獣は精力的にリリースしているようですし、なんとかこのシリーズが続くことを陰ながら応援しています。

172510309.jpg 172510310.jpg

サイゴは高山氏へのマン怪獣依頼としてはキーラやゼットンよりあとの発注(第38話に追加された怪獣)で、文字どおり最後の怪獣です。ストーリーもラス前ということで舞台は宇宙での2大怪獣激突となりました。その舞台は「Q星」ということで、やっぱりQはいいですねぇ。
このキーラとサイゴも映像からキャプチャーした資料をもとに造型されているようで、よく出来ていると思います。見慣れた資料では商品化権用の3面写真(畑やトタン板の前で撮ったもの)がありますが、これは実際の演技者ではない第三者が中に入って撮っているため、丈が合わずダブった縫いぐるみのイメージが浸透していたりします(とくにサイゴの3面写真はひどすぎます)。
この2体を同じタイミングで出すなら、キーラは肩だけじゃなくて肘や手首の関節部分の節が可動できれば、サイゴも足の可動もあるなら、2体を絡ませたポーズづけも楽しめたんじゃないかなと思うのですが…。

周知のように、のちにキーラとウーは改造され、ガチャピンとムックになりました。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。