1960年代の怪獣少年が怪獣ガレキ・チープトイと戯れる日々

Selected category
All entries of this category were displayed below.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
360211.jpg
飛んできました。この雪の中を。
サロメ星人の造ったニセ・ウルトラセブンです。

360212.jpg 360213.jpg
このポーズはまさに地下ドックで建造中のニセ・セブンですね。膝のプロテクターの左右の高さのずれかたもスチールそのものです。もう少し、気持ち太ももにボリュームがほしいところです。
実物のスーツは劣化の細かいシワやひび割れが目立つのですが、そこはほどよくアレンジしてあり、汚さを抑えた造型になっています。やはり気になるのは、塗装が全体的にマット過ぎるのが不満です。アイ・スラッガーも外せたらよかったんですが…。

360209.jpg
ニセものめ! まあ、こうやって並べるのはいいのですが…

360210.jpg
これじゃ、ニセものが有利でしょ? 勝てるのか?
サロメ星人はたしか同サイズに造ったはず。

そういえばウルトラマンにロボット型キャラがいませんね。このニセ・セブンの他にもウィンダム、キングジョー、ユートム、クレージーゴン、ナース、第四惑星ロボット長官…。けっこういます。
スポンサーサイト
リックより「新商品の予約を受付開始のお知らせ」メールがきてました。
セブン編よりガブラ、ゾフィとツインテールはカラバリですね。

リックHPのほうはリンクが切れてまして、ガブラのオマケが確認できませんが、「1/6シャドー星人頭部(帽子を被った状態)」がオマケだそうです。塗装見本のガブラ、かっこいいですねぇ! 頭も取れるんでしょうね、見たい!

ゾフィのトサカの正面の鼻筋のラインですが、ボディと同じ赤色だと思うのですが、劇中と同じく黒に近い濃い色で仕上げてありますね。

ツインテールはこのウェザリング版のほうが好みです。口の両脇に付いてるホースの先にも微妙な汚しがかかっているようにも見えますが。やりますねぇ。
260235.jpg
出張最終日に土産を求め秋葉原に寄りました。これといって欲しいものはなかったのですが、やはり衝動買いしてしまいました(笑)。ワゴンセールで各1000円の大特価でしたので、ついつい。連れて帰りました。

260236.jpg
これ、初めてリックのHPで見たときは「何かサイズの小さいのも出たのかな?」ぐらいにしか思っていませんでしたが、店頭で実物を見て「スケールは『究極』と同じくらいかな?並べて飾るのにいいな」と思い捕獲しました。
コールドキャストかと思ったんですが、ソフビ製なんですね。ベースが付いて臨場感があります。意外や塗装も細部までしっかりフォローされていて感動。ケース裏面にはこの2体の他にピット星人、ゴドラ星人、クール星人、ガンダー(?)が載っていますが、今後のラインナップということでしょうか? 

260237.jpg
「究極」の面々と並べてみましたが、この2体はひとまわり大きかったですね。「究極」亡きあと、同サイズでコレクションできるものがあったか、と喜びましたが…、残念。
少年リックより新商品予約案内メールが来ておりました。

http://www.ric-toy.ne.jp/newrelaese.html

次の3種は何か?と、見てみますと、
先ずは、三大「非人間型宇宙人」のひとつ、チブル星人です。リック限定版のオマケには以前より話題の、アンドロイド少女01が付きます。トラッドなタコ型宇宙人でありながら、シュールなデザインが秀逸なチブル星人の頭部がなかなかいい感じです。

そして、あと2種は…、なんとガッツ星人の単体と分身セット(2体)でした!
なるほどこう来ましたか。各々リック限定版はポーズ替え腕パーツが付きます。頭部のピーコック模様も上手く再現されてるようですね。
劇中では2体を多重露光撮影で4体に見せておりましたが、分身セットもいいお値段でして、ちょっと手が出そうにありません。ふぅ。
260179.jpg

セブン編はピット星人を購入後は何も買っていませんでした。ところが或る日、エメリウム光線ポーズのセブンが突然現れ、その雄姿を見たとたんにひとめぼれ、速攻注文したわけですが、単体で飾るのもなんか寂しいと、何か横に並べれるものはないかと探していたところ、タイミングよくセール価格のスーパーロボットを見つけまして、急遽捕獲したしだいです。

セブンに登場する敵キャラの中でもキングジョーがいちばんインパクトがあり、ず~っと脳裏に焼き付いています(笑)。4機のメカが分離・合体する様は、当時のロボットの既成概念を破った斬新な発想で、デザインもさることながら、このかっこよさに夢中になりました。セブンの武器はすべて跳ね返す圧倒的な強さ、とにかく「前編」のラストシーンは衝撃的でした。 「あぁぁ!、セブンやられた!」

260177.jpg 260178.jpg

ソフビのキングジョーということで、頭部の細かいアンテナはどうなるのかと心配していましたが、付属にプラパーツで成型されており、ランナーより切り取り、指定の位置に差し込みます。セブンとの格闘で、前面のアンテナは何本かは取れているので、敢えて付けずにおくのもリアルかな、とも思います。

過去にリリースされたものではオーソドックスな素立ちのポーズが多い中、半歩右足を踏み出した動きのあるポーズ付けで、まさに戦闘態勢に入るかのようなポーズですが、私的にはこれがタンカーや大型客船をバンバン放り投げるシーンに見えて仕方ありません。
ロボットといえば硬質的なイメージなんですが、ラテックス製故にできる腕のタルミや、膝や足首のジャバラのつぶれかたが実に味わいがあります。怪獣に引けを取らぬ、最高の「高山ロボット」です。

260191.jpg 260194.jpg

シルバーという体色ゆえ、ライティングによるセットの樹木のグリーンや海面の深いブルーなどの写り込みもあり、シーンによっては違う印象を与えてくれ、塗装には人それぞれ好みの分かれるスーパーロボットなんですが、私的には満足できるレベルでした。
このキングジョー戦のみ、「上西セブン」ではなく、帰りマンの菊池氏がスーツに入りました。もう少し腰高のセブンと並べるのが正解なんですが、おゆるしを。

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ウルトラと怪獣遊戯, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。